音楽の話

小室哲哉ぴあ globe編を読む。ハル的globe名曲ベスト5も大発表!

globe結成20周年。

僕が生まれて初めて行ったライブが福岡ドーム(現ヤフオクドーム)でのglobe4大ドームツアー福岡公演でした。

高校1年生の時のこと。
なつかしいなぁ。。。

小室ファミリーの中で唯一、もれなく新譜で買っていたのはglobeだけです。

小室さんが一番チャレンジしてて、カッコいいなと思えたのがglobeだったんですよねー。人気絶頂の中でWandarin’ Desteny発売前までのglobe小休止があったり、トランスサウンドにシフトした時期もあったり。

スクラップアンドビルドを常に体現されてました。そのチャレンジにファンがついていけなかったのが残念ではありますが、僕はついていきましたけどね。

突然ですがハルくんが選ぶglobeベスト5

第5位

「Feel Like dance-Jazz Master mix」(2014年)


↑9分14秒からがFeel Like dance-Jazz Master mix

 

デビューシングルをアルバム「GDM」ではラグジュアリーなサウンドに。

第4位

「try this shoot」(2001年)

 

それぞれ1分以上あるイントロとアウトロの高揚感たるや…

シャンプーかなんかのCMソングだったんですが、リリース時にはアレンジがガッツリ変わっててビックリ。全然こっちのほうがカッコいいです。当時はトランスと言ってましたけど、今大流行しているEDMですね、これは。ファンの中でも神曲と言われています。

第3位

「Precious Memories iTunes Original Version」(2005年)

 

自立と依存。思い出と、人との距離感の描き方が絶妙な1stアルバム「globe」収録の名バラード。

第2位

「FREEDOM」(1996年)

 

大サビのたたみかけが心に刺さります。今だからこそ響きます。

第1位

「Many Classic Moments」(2002年)

 

詞を見ると男女の歌のようにも聴こえますが、僕はTKの人生とリンクして聴こえるんですよね。

サウンド的にはトランスとJ-POPが高次元で融合。

TK的にも多くの人に聴いてほしかった曲であり、avex社長の松浦さん的にも「売っておかなくてはいけない曲だった」とのこと。

次点

「DON’T LOOK BACK」
「outernet」
「INSIDE Featuring MARC」
「wanna Be A Dreammaker」

あたりかなぁ。聴いたことなければぜひご一聴を♪

小室哲哉ぴあ、いよいよ発売

結成20周年のglobeについてTKがじっくりと語り尽くした1冊。読み応えありです。ファンなら間違いなく満足できます。

小室さんインタビューでは、これまでのこと、これからのこと、ニューアルバム「Remode1」のこと、KEIKOさんのこと。。。

小室さんとMARCさんの対談では、メンバー3人の出会いから、どんな時間を過ごして来たか、想いや、個々の成長について。。。

そのほかtofubeatsさんとの対談もおもしろかったし、社会学者の古市憲寿さんのglobe考も古市さんのglobe愛が伝わる内容。

何より、アルバム全曲ライナーノーツがあるだけで買いです。

あの曲にはそんな想いが…

とか、

そんなエピソードが!?

とか、裏側を知れば聴こえ方も変わってきます。

久しぶりに、聴いてみますか。
初めて、聴いてみませんか。
最新アルバムRemode 1 digest。
disc 1。


disc 2。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です