お役立ち情報・イベント開催告知はLINE@で
ハルパパ家族&育児日記

【京都大学素数ものさしの使い方】算数数学が苦手な僕が計算力アップのために買ってみました。

週刊モーニングに連載中の『ドラゴン桜2』59限目の中に、算数数学不得意な僕にとって気になる話が出てきました。

『ドラゴン桜2』は前シリーズ『ドラゴン桜』と同じく、東大合格に程遠い偏差値の高校生たちが様々なスキルを駆使しながら学力を伸ばし、東大合格を目指すストーリーです。

『ドラゴン桜2』では現代らしくスマートフォンアプリを使った勉強法も紹介されていたりして、“今”ならでのストーリーになっています。

そんな中で出てきたのが『数学の得手不得手は小学2年生時の算数の習熟度で決まる!?』という話。

小学2年生の算数の思い出といえば『九九』を学んだことくらいでしょうか。

翌週のドラゴン桜2は休載だったためその真意は今週のモーニングで明らかになりますが、その答えが待てなかった僕はついつい『計算力が上がりそうな定規』をフライング購入してしまいました。

計算が苦手な方やこれから算数を学ぶ子どもたち筆箱にも入れておきたい“不便なものさし”の話です。

ドラゴン桜2の59話のあらすじ

created by Rinker
¥3,209
(2019/06/20 10:12:01時点 Amazon調べ-詳細)

勉強合宿中の早瀬天野が今作では弁護士となった元龍山高校教師の桜木の指示のもと、制限時間3分算数100問テストに挑戦中。

桜木に煽られ怒りに燃えた2人は数度のチャレンジの末に見事クリア

数学偏差値東大合格には程遠い2人に対して桜木が、数学における計算力の重要性を説きます。

そしてその計算力の差が生じるのは小学校2年生の算数であると断言します。

そもそもなぜお前たちは数学が苦手か。

最大の理由は計算力の弱さだ。

数学が得意な生徒は計算力が強い。

つまり数学が得意になるためには計算能力の高さが条件なのだ。

(中略)

計算力が弱い時点で二人はできる生徒と圧倒的な差が生じているのだ。

しかしこの差は高校生になって生じるものではない。

小学校の算数の勉強を始めた頃から現れるのだ。

差が生じる時期は小学校2年生の算数!

小学校2年生で算数をしっかり勉強したかどうかでその後の算数数学の得意不得意に分かれる。

さらに中学高校の勉強ができるできないが決まる!

はる
はる
小学校2年生からやり直したい(笑)

何となく学ぶ中で『算数や数学は苦手』という意識が芽生えてしまい、“文系を選ぶ”というより文系に逃げざるを得なかった僕としては、できることなら小学校2年生からやり直したい気分です。

が、それは不可能。

ただ、ありがたいことにはまだ5歳

文系な親でも算数・数学好きになる環境作りができるかもしれないヒントが描かれるであろうドラゴン桜260話から目が離せません!

はる
はる
成績向上漫画『ドラゴン桜2』はスマホでも読めます!

→ebookJapanでドラゴン桜2を読む
→コミックシーモアでドラゴン桜2を読む
→Rentaでドラゴン桜2を読む
→FODでドラゴン桜2を読む

計算マストな定規『素数ものさし』

created by Rinker
¥700
(2019/06/20 10:15:51時点 Amazon調べ-詳細)

ある朝、僕はモーニングショーの『フォーダム大卒業式目前・小室さん特集』を見ていました。

大学グッズを紹介する中で出てきたのが京都大学オリジナル文房具のひとつ『素数ものさし』(2013年発売)

“素数”にしか目盛りがないので毎度頭を使わなければならないものさしなので、長さを測る度に頭が鍛えられるというもの。

ドラゴン桜2の桜木先生にあてられていた僕は思わず衝動買いしてしまいました^^

定価は577円(←素数)

Amazonでは価格がだいぶ上乗せされてますがちゃんと素数でした(笑)

2019年5月26日現在でこの価格の出品は見られませんが、他の出品者も素数で出品していました(笑)

はる
はる
そんな遊び心が素敵

そもそも素数とは?

1自分自身以外には約数を持たない正の整数1以外の数のことで無限にあるんだとか。

→Wikipedia/素数一覧

はる
はる
へー、”そっす”か。。。

Sponsored Link


素数ものさしの使い方

全長18cmで目盛りは素数のみ

定規なので線を引いたり長さを測ったりするわけですが、18cmの間にセンチの目盛りは2・3・5・7・11・13・17cmしかありません。

それ以外の長さを測れないかというとそうではなく、1〜18cmの目盛りがこの1本の中に隠されています。

  • 1=3-2
  • 2=2
  • 3=3
  • 4=7-3
  • 5=5
  • 6=11-5
  • 7=7
  • 8=13-5
  • 9=11-2
  • 10=13-3
  • 11=11
  • 12=17-5
  • 13=13
  • 14=17-3
  • 15=17-2
  • 16=18-2
  • 17=17
  • 18=フルサイズ
はる
はる
一例です。ちなみに24以下の自然数は全て素数ものさしどこかに隠れているんだとか。

取説には24以下の自然数が全てこのものさしに隠されていること、4以上の全ての偶数は2つの素数の和で表せて、7以上の奇数は3つ以下の素数の和で表せるということも書かれていました。

はる
はる
テストの時に使ってはいけない(笑)

頭を使わない現代人に

はる
はる
スマホのおかげで鈍っていくばかり。

ネットスマホのおかげで頭を使わなくて済む生活になってしまいました。

長さを測る時も『ARアプリ』の登場でものさしメジャーを使う機会すら奪われようとしています。

便利さに浸っては衰えていくばかりです。

大人はそれでよくても、子どもをそんな環境に浸らせてしまってはのびしろ奪うことにもなりかねません。

大人だって老後に向けてを働かせておいたほうがいいことは言うまでもないわけです。

最近、定規で線を引いたり、長さを測ることに興味を持ち始めたにプレゼントしてみました。

これがいつの日か娘の計算力強化、そしてパパのボケ防止に繋がることを願うばかりです!

はる
はる
VIVA不便!

不便益システム研究所

この『素数ものさし』不便益システム研究所によるものです。

そして不便益の「不便」とは、

頭を使うor体を動かすといった手間がかかることを意味しており、手間をかけることで主目的を達成するだけではなく、副次的に得られる益のこと。

なんだとか。

手間暇を惜しんではいけませんね!

→不便益システム研究所ホームページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です