ブログ部

ads.txt|アドセンス×ワードプレス×エックスサーバーの設定方法

Googleアドセンスにログインするとページ上部に↑のようなアラートが表示されていました。

『ads.txtファイルの問題を修正してください。』

なんか難しそうだなぁという印象を抱くかもしれませんが、僕と同じように、

  • WordPress
  • エックスサーバー

でホームページを構築している人なら、簡単に修正することができます。

そもそもads.txt(アズテキスト)とは、

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

ads.txt は、使用することを強くおすすめします。ads.txt を使用すれば、購入者が偽の広告枠を判別できるため、サイト運営者様としても偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリットがあります。

引用元:AdSenseヘルプ

はる
はる
わかったような、わからないような(笑)

まぁ、使用することを強くおすすめされているので、しっかり設定しておきましょう。

やり方をまとめます。

Google AdSenseでの設定方法

今すぐ修正

今すぐ修正をクリック。

ads.txtファイルをダウンロード

“ads.txtファイルを作成する”で
ダウンロードをクリック。
ダウンロードしたファイルは
デスクトップに置いておきましょう。

エックスサーバーでの設定方法

ファイルマネージャにログイン

エックスサーバーのファイルマネージャにログイン。

修正したいサイトをクリック

修正したいサイトのフォルダをクリック。

public_htmlをクリック

public_htmlを探しましょう。

ads.txtファイルをアップロード

ファイルを選択、
ads.txtファイルを選択して、
アップロードをクリック。

修正完了

これで作業は完了です。

エックスサーバーユーザーならads.txtファイルを簡単に設定できます。

こんなに簡単に設定できないサーバーもあるようなので、エックスサーバーの意外なメリットを知るきっかけになりました。

ads.txtの修正ができないままで、アラート表示が気になっている方はぜひ修正&設定にチャレンジしてみてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください