ドラマ・映画・エンタメ・イベント

村上春樹|カンガルー日和の感想|4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子と出会うことについて

はる
はる
カンガルー日和を読んでみました!

新書ばかり読んでいると頭が固くなりそうなので、たまには小説を読んでみました。

特に何を読みたいというのもなかったので薦められたものを。

村上春樹短編集
『カンガルー日和』

まだ全部読んでないんですけどその中の

『4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子と出会うことについて』

という短編小説は、なんか染みました。。。

4月のある晴れた朝に
100%の女の子と出会うことについて

あらすじ

4月のある晴れた朝に、街で”100%の女の子”とすれ違う。

その女の子は容姿端麗というわけではない。

なにがいいというわけではない。

ただ、自分にとっては申し分ない、というか、

細胞が反応した、というか。

とにかく自分にとって100%の女の子

そんな女の子が正面から近づいてきて、すれ違うまでの濃密な朝。

その科白は『昔々』で始まり、

『悲しい話だと思いませんか』で終わる。。。

感想

いわゆる“100%の女の子”が50m先から歩いてきて、自分とすれ違うまでを描いた話。

4月のある晴れた朝に100%の女の子とすれ違えた出会いは奇跡。

その奇跡的な出会いを『昔々…』で始まる科白が見事に表現してるんです。

行為自体はナンパかもしれない。

でもそこにある気持ちは実に硬派

60億分の1の出会いがどれだけドラマティックなことなのかを、これ以上ないほどロマンティックに表現したこの“科白”

とても“悲しい話”なんかではないんです。

ただ、すれ違い、姿を見失ってしまった今、その科白を伝えることはもうできない。

なによりそれが悲しい話だったりするわけですが。

まさにチャンスの女神に後ろ髪なし。

悲しい話ではありながら、読み終わったあとの清々しさはなんだろう。

多分、“男”ひとつの答えにたどり着いたからじゃないか。

100%の女の子はそうそういるもんじゃない。

かといって、世界中にただ1人というわけでもない。

人は、数多いる人々の中から最終的に見つけだしたたった1人の人を愛する。

もしまた100%の女の子と出会うことができたなら、きっと男はこの科白を口にするに違いない。

この科白を言われれば、きっと女の子は運命を感じるに違いない。

これはひとつの失恋のようなもので、やっぱり失恋して傷つくからこそ、やさしさとは何かがわかる。

幾度の恋を経験するからこそ、より深く恋愛ができるようになる。

自分にとって100%の人。

そんな人と出会えたらしあわせなことですね。

一期一会。

新書は知性を、文庫は感性を与えてくれますね。

交互に読むことにします。

▶︎U-NEXTでも村上春樹作品の配信がスタートしています。

引用元:U-NEXT

無料トライアルを利用して視聴する

  • 月額プラン会員の無料トライアルを利用
  • ポイント(レンタル)作品に使える600円分のポイント付与
  • 200,000本以上の見放題動画も視聴可能
  • 無料期間は31日間
  • トライアル期間の解約でももちろん料金は発生しない
はる
はる
初めての人は31日間無料でU-NEXTを利用できます!

無料トライアルのメリット

  1. 月額1990円(税抜)が31日間無料
  2. 購入に使える600円分のポイント付与
  3. その他のドラマ・映画・アニメも見放題
  4. 雑誌80誌も読み放題
はる
はる
無料トライアルなのに600ポイント付与。もちろんOurSkyyレンタルにも使えます。さらにポイント不要の作品が”見放題”です!

\今すぐ見放題体験!/

31日間無料トライアル

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください