イタリア・海外旅行話

【LINEスタンプ】リジェクトされるも修正せずに承認まで持ち込んだ話。

自分用のLINEスタンプを使えるようにするためには、まずLINEスタンプの画像を作成して、それを登録し、販売申請をしたのち、LINEに承認してもらわねばなりません。承認されないことをリジェクトと言いますが、リジェクトされた場合は画像を修正して再申請することになります。

この度、新たなスタンプを作成し申請したものの、何度もリジェクトされるという憂き目に遭いました。しかし最終的には修正せずに承認まで持ち込むことができたんです!

LINE運営側とのやり取りをまとめておきます!

入魂のLINEスタンプがついに承認されました

LINE Creators Studioというアプリを使って誰でもオリジナルのスタンプを作ることができることは、以前ブログに書きました。

あわせて読みたい
LINEスタンプの作り方!アプリで自分用も簡単に作成できました♪福岡ローカルタレントの中で一番デジタルオタクであると自負している、どうもハルです。今回はLINE Creators Studioについて...

最初に作ったのは娘の写真を使った家族用のスタンプ。

家族用ではあったのですが売り上げ金額を見ると、ありがたいことに10人くらいの方が買ってくださったようです^^

心より感謝申し上げますとともに末長いご愛顧の程、よろしくお願いします。

話を戻しまして。。。

上のブログの締めでも書きましたが、LINEスタンプ作りが楽しかったこともあり『もっと作りたい』という思いが湧いてきました。

テーマは決まってました。

【イタリアっぽいやつ】

ざっくりしてますがそれだけは決めていました。それをベースにあれこれ考えるうちに、

  • iPadで絵を描こう
  • アートな匂いのする感じのやーつで
  • 博多弁

という方向性が見えてきたので早速作業に取り掛かりました。

iPad Pro & Apple Pencilが大活躍

デジタル野郎の僕らしい作り方をしたいな、とも思っていたので、iPad ProとApple Pencilを使って描くことにしました。

IMG_1844

ペン先自由自在

紙もいりませんし、ボールペン、太ペン、鉛筆を自在に使い分けできます。

IMG_1845

【スケッチを追加】でスケッチモードにすると、、、

IMG_1846

より多くの色を使って描くことができます。

IMG_1848

白から黒までのグラデーションが豊富なおかげで簡単に濃淡を表現することもできました。

まずはボールペンでメインの線を描いて、太ペンの濃淡を使い分けながら立体感を出し、鉛筆で物足りないところに描きたしていきます。

で、ヘラクレスを描くとこんな感じ。

IMG_1849

うまい風(笑)

LINEスタンプのパッケージは最少8スタンプなのですが、それだと買ってもらえないかなーと思ってがんばって16枚描きました。

IMG_1850

全体のバランスを見ながら、半分は背景を黒に塗りつぶしてみました。

文字入れ

画像をPhontoというアプリに取り込み、文字を入れていきます。

IMG_1851
あわせて読みたい
【LINEスタンプ自作講座】文字入力におすすめのアプリPhontoの使い方。LINEスタンプ自作熱、再燃 新作40個パック完成 また作ってしまいました。しかも前回よりかなり完成度が高まったと自負しております。...

【LINE Creators Studio】でトリミング

LINEスタンプ作成アプリに取り込んだら、文字ギリギリのところを指でなぞってトリミングします。

IMG_1853

トリミングするとこんな感じ

スクエアではなく、トリミングをした形でLINE上に表示されます。

IMG_1854

Sponsored Link



 

パッケージが出来上がったので販売申請

申請した後はさながら告白の返事待ち気分。ドキドキワクワクソワソワ。。。早く審査してくれよーと思うわけですが、申請数も多いでしょうから1週間は待つことになると思っておいたほうがいいです。

申請した画像に問題がなければ、販売できるようになります。

イタリアと博多弁をコラボさせたパッケージが完成し、1回目の申請をしたのが7月中旬でした。

まさか承認されるまで2か月かかることになるなんて、あの時は思ってもいませんでした。。。

3度のリジェクトと4度の申請

1度目の申請をしてから約1週間後、リジェクトの通知が届きました。

リジェクトは、画像に問題があったから承認されなかったということです。

そしてNG画像と判断されたのがこちら↓

スクリーンショット 2017-09-11 1.57.49

『全部やないかい!!』

愕然&絶望。。。

リジェクト理由としては、ガイドラインに引っかかります、と。

権利の所在が明確でないという文言もありました。

でも、ちょっと納得いかなかったのは、娘の寝顔をデッサンした04番の画像もNGになっていたこと。

スクリーンショット 2017-09-11 2.16.48

リジェクトされても、LINE側にメッセージを送ることができます。

『娘の寝顔までNGなのはなぜですか?』

というメッセージを送りつつ、画像修正、入れ替えなども一切行わず、再度申請しました。

1週間後。。。

再びリジェクト通知(涙)

ただしNG画像に変化が↓

スクリーンショット 2017-09-11 1.58.13

NG画像が減りました。状況が少しばかり改善。リジェクト理由は前回と同じで、『権利の所在が明確ではない』とのこと。

その理由がよくわからなかったので、また画像修正や入れ替えを一切行わず、3度目の申請をしました。

すると、またリジェクト通知が届いたのですが、リジェクト理由の文言が一文だけ増えていました。

『権利の所在が明確ではない』
『著名石膏像に類似』←NG理由を具体的に教えてくれました。

承認されない理由が明らかになったところで、またメッセージを返信。

それぞれ何をデッサンしたものなのか、とか、
それらの彫像が作られた時代はいつ、とか、
紀元前に作られたものである、とか、
作者自体が不明である、とか、
オリジナル自体が存在しない、とか、
作者がわかるものに関しても、
作者の死後、著作権保護期間の50年(国によっては最長100年)が、
経過していることなどを明記して、
また画像修正をせずに、4度目の申請。。。

そしてついに。。。

イタリアルネサンス期feat.博多弁

承認されました(涙)

IMG_1709

ルネサンス期ではないものもあるんですが、ルネサンスという言葉で検索する人の目に留まりたいというのもあり、タイトルに入れました。

IMG_1708

なんかキレ気味なスタンプが多い^^;

誰かに怒りを伝えることが多い方(笑)や、博多弁が好きな方にはぜひLINEのやり取りの中で使っていただけたらと願うばかりです。。。

イタリア・ルネサンス期 feat. 博多弁
https://line.me/S/sticker/1572698

スタンプショップのクリエイターズカテゴリーで、

【イタリア 博多弁】

もしくは、

【ルネサンス】

で検索していただくと、
出てくると思われます。

ご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます♡

承認か、リジェクトか。

LINEスタンプを自作する人が僕のまわりでも増えてきました。

残念ながらリジェクトされてしまったという話もよく聞きます。

理由は様々で、使った写真の中に著作物が写り込んでいた、とか、不適切な内容である、とか、誤字脱字があった場合もリジェクトされるようです。

そのあたりはまとめサイトに上がってるので、作ってみたい方、リジェクト続きの方は予習しておくといいかもしれません。

↓NEVERまとめ『リジェクト画像を参考に学ぼう』↓
https://matome.naver.jp/odai/2141091686368092101

そして今回わかったのは『修正して』と言われたけど、結局修正せずにパスできることもあるということ。

メッセージできちんとやり取りをしながら、詳細に説明していくことでリジェクトから承認に持ち込むことができました。そんなこともあるんですね。

でも、一番いいのはリジェクトされずに一発で承認されること。

そんなクリーンなクリエイターを目指して第2弾の製作に移ることにします^^

みなさんもスタンプ作りぜひチャレンジしてみてくださいね^^

あわせて読みたい
【自分用LINEスタンプの作り方】透過画像(PNG)をProcreateで作ってみたよ!今回のブログは「LINEスタンプを作りたいと思ったことがあるけど、作ったことがない人」にぜひ読んでいただきたい内容です。読んでいただきた...
あわせて読みたい
【LINEクリエイターズスタジオの使い方】フォント・文字装飾方法まとめ。LINEスタンプを自作する時の1番の近道 LINEスタンプを自分で作るときに避けては通れないのがLINE Creators Studi...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です