Apple|iPhone・iPad・AirPods・Mac・アプリ

MacBookPro13|液晶とキーボードの不具合で修理に出した話

僕は2016年発売のMacBookPro13インチを使っています。

このモデルを使う前はMacBook Air11インチを使っていたんですが、動画編集でFinal Cut Pro Xを使いたいタイミングだったこともあり、ワンランク上のMacBook Proに買い換えました。

MacBook Pro自体は良機種です。

ただ、2016年という購入タイミングが悪かった。

僕が2016年モデルを購入した直後に2017年モデルが発売されたんですが、何とそちらは価格はほとんど同じなのにも関わらず“デュアルコア”から“クアッドコア”にスペックアップ。

そればかりかディスプレイとキーボードに不具合が起こる可能性があることをAppleが認識しているモデルに成り下がってしまったんです。

実はその不具合がじわりじわりとあらわになってきていたんですが、もし修理に出すとなると約1週間もの間パソコンを手離さないといけないので、騙し騙し使っていました。

しかしこの度、点灯中の画面が突如消えるといった不具合が顕在化してきたため、修理に出さざるを得なくなりました。

この記事ではその顛末をまとめます。

▶︎Apple|キーボード修理プログラム

対象機種

  • MacBook (Retina, 12-­inch, Early 2015)
  • MacBook (Retina, 12­-inch, Early 2016)
  • MacBook (Retina, 12-­inch, 2017)
  • MacBook Air (Retina, 13-inch, 2018)
  • MacBook Air (Retina, 13-inch, 2019)
  • MacBook Pro (13­-inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-inch, 2019, Two Thunderbolt 3 ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2016)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2017)
  • MacBook Pro (13-inch, 2018, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2018)
  • MacBook Pro (13-inch, 2019, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2019)

パソコンを使う理由のひとつに『文字入力のしやすさ』があると思うのですが、僕のパソコンには残念なことに1度しか打鍵していないにも関わらず2回入力されてしまう不具合が出てしまっていました。

この不具合、どのキーに症状が出るかは人によって違うみたいなんです。

僕の場合は『A』でした。

はる
はる
出番多いやつOTL

毎回じゃないけど頻発する『A』の呪い

例えば“しょうがつ”と入力できたつもりでスペースキーを押すと“生姜厚”と意味不明な変換をされてしまうストレス。

だからスペースキーを押す前に余分な“あ”が入っていないか確認しなければならない無駄な労力、無駄な時間。

結果、Aが連打されたあとにdeleteキーで消すコンボ操作はめたくそ速くなりました。

妻
無駄スキル。
はる
はる
せめて2つあるコマンドキーあたりに発症してくれていたらよかったのに。。。

キーボード不具合問題

▶︎Apple|ディスプレイバックライト修理プログラム

対象機種

  • MacBook Pro (13-­inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
はる
はる
2016年モデルのMacBookPro13インチのみが対象という不運。

ディスプレイの不具合はじわじわと顕在化してきました。

まず最初に不具合として認識したのが『ディスプレイのバックライトが画面の底部に沿って明るい縦方向の領域を継続的または断続的に表示する』というもの。

画面底部が“スポットライトで照らされているような状態”になってしまいました。

この症状に関しては画面が見えなくなるわけではないので、気にしなければ済む問題でもありました。

がしかし、もうひとつの不具合『ディスプレイのバックライトがまったく機能しなくなる』という問題が急に頻発するようになってしまったんです。

  1. 電源を入れても画面が表示されない
  2. 端末を開いても画面が表示されない
  3. 表示されている状態から急に消える
  4. 画面がチラつくようになる
  5. 画面がつかなくなる
はる
はる
この5つの症状は1日のうちに起こりました。

このような症状が出ている方は遅かれ早かれ画面がつかなくなる状態になる可能性があるので、早急に修理されることをおすすめします。

修理日数5日

スケジュール

  1. 12月24日▶︎Apple福岡に持ち込み
  2. 12月26日9時1分▶︎修理センターに到着
  3. 12月26日19時16分▶︎発送完了
  4. 12月28日▶︎配送完了
はる
はる
5日で戻ってきました。

Appleストアのスタッフさんからは『1週間かかる』と言われていました。

毎日使うパソコンが1週間も手元を離れるって結構ツラいじゃないですか。

だから修理を渋っていたのですが、年末に2泊3日の沖縄旅行が控えておりパソコンがなくても大丈夫なタイミングだったこと、あとは不具合を抱えたまま新年を迎えたくないという思いから、ようやく修理に出すことになりました。

もちろんほっとけない不具合が表面化してしまったのが1番の理由ではありますが。

でも、スタッフさんが言ってた”1週間”は余裕を持った案内だったんだと思います。

実際には当初の案内より2日巻いて返ってきてくれてありがたかったです。

はる
はる
公認不具合なので費用0円でした!

データ消失せず

まず驚いたのが、データがそのまま残っていたということです。

パソコンを開いたら修理前と同じ壁紙でデータもそのまま残っていました。

もちろんiCloud2TBストレージがあるので、もしパソコン上からデータが消失したとしても問題はなかったのですが、やっぱり前のままというのがベストじゃないですか。

これは嬉しい誤算でした。

液晶部は取り替え

はる
はる
液晶部は新品になって返ってきました♡

底面はノータッチ

はる
はる
底面はそのままの状態で戻ってきました。

新キーボード

キーボードの不具合ももちろん改善されて戻ってきました。

もちろんこの記事を入力中も連打されることはなく、快適に入力できています。

はる
はる
打鍵感が変わった気がする。

修理報告書

申告症状

検証結果・作業内容

クリアファイルゲッツ

はる
はる
修理報告書を挟んでいたアップルクリアファイル。

最新MacBookPro

MacBook Pro16インチ

MacBook Pro13インチ

MacBookPro関連ブログ

MacBook Pro+wraplusスキンシール・レザーでおしゃれに本体保護してみる。MacBookにケースを着けている人は多いと思いますが、プラスチック製のケースはカラバリなどの選択肢が限られていて、ファッション的に満足できないこともありますよね。そんな悩みを解決してくれるのがスキンシール。種類も多く、貼るだけで自分好みのMacBookに早変わりです。...
iCloudの使い方|写真や動画を共有して本体容量を節約しましょう。スマホにどんどん蓄積していく写真や動画、どうしてますか?? 写真や動画の整理 使ってないアプリの消去 などでやり過...
iCloudの使い方|ファミリー共有&ストレージ容量増でバックアップ体制を整える。 正直、僕もiCloudの全てを使いこなせているかと聞かれたら、答えはNOかもしれません。 むずかしいし、ややこしいし、よく...
iMovieの使い方|編集・文字入れ・音楽・写真・書き出し・保存方法まとめ無料ながら動画の切り貼りやBGM・テロップ入力が未経験者でも簡単にできる動画編集ソフトiMovie。簡単とはいえ、動画編集というのはやったことがない人にとってはハードルが高いもの。そこで編集してから書き出すまでの基本編集機能をまとめました。これさえできればあなたも動画クリエイターとしての第1歩を踏み出せること間違いなしです。...

▶︎カテゴリー|Apple製品最新情報・レビュー記事一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください