ハルパパ育児コラム

“心春”と書いて”こはる”と読みます。こうして名前を決めました。

あかちゃんが、
おなかの中にいるうちから、
名前で呼びかけたかったので、
早いうちからある程度は考えてました。

やっぱり親の名前からも入れたい。

予定日が春。
ぼくもハル。
(本名は違うけど。)

やさしく、あたたかで、
柔和な子に育ってほしい。

という願いを込めて。。。

夫婦会議で、
漢字はさておき、

「みはる」
「こはる」
「ひな」

という3候補に絞りました。

名付け本を見るとどうやら、
どれも人気の名前のようです。

最近の検診で女の子だとわかってから、
早速本屋で名付け本を購入。

本格検討に入りました。
まずは当てはまる漢字をリストアップ。

横には画数も添えて。


例えば「み」だけでも、

美・巳・水・未・実・弥
海・魅・三・心・見・泉

字数の多さに加え、
そこに画数や漢字の意味、
という追加要素もあります。

ノートの下半分に書いてあるのは、
五行相関図。

木→火→土→金→水

苗字の最後の文字と、
名前の最初の文字の相性、
もあるんだとか。

そこまで意識するか?
と思いつつも一応メモ(笑)

季節のカテゴリーから、
春をイメージさせるものも、
ひとまず書き出しました。


春・芽・咲・陽・輝・萌
苗・菜・蕾・桜・雛・温

なるほどたしかに。
画数ももちろんチェック。

女の子なので、
いつか苗字が変わることもあるでしょう。
(そんな時が来るなんて考えたくないけど)

なので名前のみで見る画数の、
「地格」だけ意識しました。

本によると地格は、
その人の気質やパーソナリティを表す。
出生から中年期までの運勢。
女の子の場合は、
姓が変わることがあるので特に重要。

そのほか、
「総画」は生涯の全体運。

「天格」は先祖から伝えられた天運。
凶数でも心配なし。

「人格」は性格、個性、才能を。

「外角」は対外的な運勢で、
異性運、
結婚運、
仕事運などに影響を与える。

ということらしいです。

画数ごとに◎○△評価が書いてあります。

例えば僕の名前、
「有吉俊史」でわかること。

総画26画で△
波瀾万丈な人生。
大きな夢を追うより、地道な人生を。

人格15画は◎
周囲の協力で幸せになる。
目上の人から引き立てられる。
人間関係を大切にする。
経済観念あり。

地格14画は△
几帳面、向上心あり。
周囲と打ち解けられず引きこもることも。

天格11画は◎
友人知人に恵まれた人生。
結婚運も良好。

こどもの名前を見るつもりが、
やっぱりやっちゃう自己分析(笑)

しかも当てはまるなぁ、
と感じることばかり。

たかが画数、されど画数。
画数も無視できない要素です。

画数を見てみると。。。


地格はオール◎
ここでも細々あって、

13画の◎は、
こどもの頃から利発。
得意分野を見つければ成功。

15画の◎は、
うまく場を盛り上げるので、
どこに行っても人気者

18画の◎は、
健康でバイタリティにあふれ、
独立心も旺盛。

21画の◎は、
身体能力と意思の強さ、
行動力で困難を突破。

とそれぞれに違った意味があるんです。
ふむふむ。

最終的には、
ボールペンで書いてみたり、
筆ペンで書いてみたりして、
字のバランス、フォルムを見て、

「心春」

と名付けることになりました。

「心に春で心春です!」

と元気に自己紹介する、
明るく元気な、
やさしい子に育ってくれたらいいな♪

ちなみに生まれる前3ヵ月くらいは、
ずーっと名前で呼びかけていたので、
今も呼びかけると、
ちゃんと僕のほうを見てくれます。。。

え?気のせい?

見てるし、ほんとに(^w^)

想いや季節、
画数、フォルム、
陰陽五行などなど、
名前を考える際の要素がたくさんあって、
名前を決める作業は本当に楽しかったです。

こはるが大きくなって、
自分の名前をよろこんでくれたなら、
ミッションコンプリートです(^^)

参考にした本。

はる
はる
娘が自分の名前を愛してくれることを願うばかりです。
はる
はる
男の子向けはこちら。
姓名判断や名付け本になかった漢字の意味。名字に【月】名前に【日】子供の名前を考える時に、名前辞書で文字が持つ意味や画数については調べましたが、それらとは異なる意味の持たせ方もあるということを知りました。朝なのか夜なのか。太陽が昇るのか、沈むのか。日本語ならではの風情のある考え方。名付けた後でしたが、思いがけずいい意味を持たせることができていて、ホッとしました。...

POSTED COMMENT

  1. […] "心春"と書いて"こはる"と読みます。こうして名前を決めました。あかちゃんがおなかの中にいるうちから、 名前で呼びかけたかったので、 早いうちからある程度は考えてました。 やっ […]

  2. […] "心春"と書いて"こはる"と読みます。こうして名前を決めました。娘の名前がついに決まりました。響きは妻が提案してくれて、漢字は僕が名付け本を参考にしながらピックアップして、 […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください