ハルパパ育児日記

ハルの新米パパ子育て日記第1回/赤ちゃんの体を何で洗うか/生後3か月

スタート時は『子づれDE CHA・CHA・CHA』、現在は『けん・けん・ぱ』で連載中の『ハルの新米パパ子育て日記』最新コラムが、早いもので第20回となりました。2014年5月3日が誕生して以来。その時々のパパ目線での悪戦苦闘を3枚の写真約600字に記してきました。

当時のコラムとともにこの4年半を振り返ってみます。。。

ハルの新米パパ子育て日記

第1回

子づれ DE CHA・CHA・CHA!をご覧のみなさま、はじめまして!

福岡でタレントをさせていただいております、ハルと申します。今年の5月に娘が誕生し、めでたくパパになりました。息子だったら「お父さん」と呼ばせたと思いますが、娘からは甘くかわいく「パパ」と呼ばれたい♪早くそんな日が来たらいいなとか、結婚するって言い出したらどうしようとか(笑)そんな気の早いことも考えながら、楽しく育児に取り組んでいます。

今回ありがたくコラムスペースをいただきましたので、感じたこと、気付いたことなどをこれから「子育て日記」として書いていきたいと思います。先輩パパ・ママがたくさんいらっしゃると思いますので、叱咤激励、ご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

さて、娘は現在生まれて約3か月が経ちました。2か月の時点で計った体重は6515グラム。平均を上回る体重ですが、すくすく育ってくれているようでうれしいです。うちではお風呂はパパ担当。その重みを毎日感じながらお風呂に入れています。

お風呂ひとつ取っても、各ご家庭でやり方があるようで。顔をどう洗うかでも、ガーゼで拭くだけでお湯はかけないとか、石けんで洗うか否かなど、さまざまなご意見があるようです。わが家は産院の指導のもと、石けんで洗うし、お湯もかけるというスタイルで沐浴しています。額から顎にかけて、お湯の勢いを弱めてなぞるようにかけます。はじめは泣いていましたが、今では額にお湯がかかると、自分で目を瞑ってくれて「かけてどうぞ♪」といった反応をしてくれます。それもまた成長を感じる瞬間。

あ、娘の名前は心に春でこはるです。ハルとこはる、今後ともよろしくお願いしまちゅ!

Sponsored Link


写真

2014年5月3日19時53分、3405gで無事誕生。この子の人生がどうなるかは自分にかかっていると思うと背筋が伸びました。

パパ&こはる、はじめての沐浴にドキドキ。

愛宕神社でお宮参り。無事に1か月が過ぎひと安心。

赤ちゃんの体を何で洗うか

当時は泡ソープ使用

娘が生まれたばかりの時は、右も左もわからず何もかも手探りでやってました。わからないことがあればググって答えを探してみるものの、情報量が多過ぎて何が正解かわからない。だから当時は、市販の泡ボディソープで洗っていました。

今なら…

産院では“有名な液体石けん”が使われていました。当時は『産院が使ってるから大丈夫だろう』という判断で、家でも類似商品を使用していました。もちろんそれらを使って問題があるわけではありません。ただ、コスメマスターになった今だと、赤ちゃんの肌には市販のものを使うくらいならお湯で洗います。どれだけ成分の優しさを謳う商品であっても石油由来の防腐剤は微量ながら含まれます。そして大量生産大量消費の日本において、それは仕方のないことでもあります。石油由来の防腐剤は肌にとっての刺激物なので、自分の肌には使えても子どもの肌には使いたくないのが正直なところ。どうしても洗浄剤を使うのであれば、潤い成分が豊富なケン化法コールドプロセスで作られた石けんを使います。でも石けんはアルカリ性寄り。肌は弱酸性pHが気になる方もいらっしゃると思います。僕は弱アルカリの石けんを使うことで肌が鍛えられると思っているのであまり心配していませんが、もしアルカリの刺激が気になるようであれば、もうお湯で洗ってあげるっていうのが一番心配ないんじゃないかと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です