Apple|iPhone・iPad・AirPods・Mac・アプリ

LINEスタンプ自作|おすすめ文字入力アプリPhontoの使い方

はる
はる
またLINEスタンプを自作してみました!

前回よりかなり完成度が高まったと自負しております。

前作からの進化のポイントは2つ。

  1. jpeg画像からpng画像(透過画像)へ
  2. フォントの自由度アップ(前回は手書き)

ということで前よりも“ちゃんとしたスタンプ感”に仕上がったような気がします。

申請したところ無事に承認されました。

企業ロゴなども入れてませんし、公序良俗に反していなければスムーズに承認されるようです。

スタンプを作る時に写真や画像データと同じくらい気を遣いたいのが文字入れです。

公式アプリの『LINEスタンプメーカー』(元LINE CREATORS STUDIO)でも文字入れはできますが、フォントや色などの自由度は低めです。

より画像に合った文字を入れたいという人はぜひ『Phonto』を使ってみてください!

文字セットや広告非表示など個別に課金(※初回のみ)が必要ではありますが、画像への文字入れにおいて右に出るアプリはないと言っても過言でない素晴らしい文字入れアプリです。

そんな『Phonto』の使い方をまとめます!

はる
はる
ちなみに下の画像もPhontoで作りました!

⇧詳細は画像をクリック⇧

オンラインLINEスタンプの作り方講座も開催中です。90分のレッスンの中でスタンプ作成から販売申請までのやり方をレクチャーします。

今すぐ作れるようになりたい方はぜひご参加ください。

  • スタンプデータの作り方
  • コメント・セリフを選ぶコツ
  • 作成時の注意点
  • 申請から販売のプロセス
  • 副業としての可能性
  • 応用テクニック紹介

▶︎LINEスタンプの作り方オンライン講座詳細

文字入力アプリPhontoとは?

文字入れの自由度が魅力

このアプリの使い方を覚えれば、

  • スタンプ画像作成
  • ホームページ画像
  • ポスター
  • チラシ
  • 書類

など、画像を活用するさまざまなシーンで“自由自在な文字入れ”ができるようになります!

Phontoを使うメリット

  • フォントは500種類以上
  • フリーフォントの追加も可能
  • 文字の色・縁取り・背景・影加工
  • 全ての色の加工
  • 文字列をカーブさせる
  • 3D表現
  • 消しゴムツール

文字入力にはPhontoが断然おすすめです。

フォント数が圧倒的で文字装飾機能が豊富すぎるので、『LINEスタンプメーカー』(元LINE CREATORS STUDIO)で文字入れするよりも、より理想のデザインに近づけることができます。

Phontoのデメリット

デメリットは正直なところ見当たりませんが、強いて言えば機能解放のためのアドオンに料金がかかるという点でしょうか。

  • Phonto画像パック:370円
  • 文字スタイルツール:370円
  • 吹き出しジェネレーター:120円
  • Phontoフィルターパック:250円
  • 広告非表示オプション:490円

全てに課金すると合計1490円になります。

とはいえ料金が発生するのは初回購入時のみで、もちろん

一度購入すれば機種変更後の復元も可能。

1490円で一生自由な文字入れができるようになることを思えば、むしろ安いくらいです。

使用後に決して高い買い物ではなかったと実感できるはずです。

はる
はる
文字スタイルツール広告非表示オプションはマスト!あとはお好みでどうぞ!

Phontoの使い方

文字を入力するキャンパスを準備する

はる
はる
画面下部のカメラマークをタップします。

画像を読み込む

画像読み込み方法

  • 写真を撮る▶︎カメラ起動
  • 写真アルバム▶︎アルバムから選択
  • プレーンな画像を使用▶︎無地画像作成
  • 前回の状態を復元▶︎直近編集データ
はる
はる
いずれかの方法で写真・画像を選択します。

文字を追加する

文字入力方法

  1. 文字を入れたい部分をタップ
  2. “文字を追加”のポップアップをタップ
  3. 文字を入力
はる
はる
どこにでも、いくつでも文字を入力できちゃいます。

文字入力モード

文字入力中にできる操作

  • 文字入力
  • フォント選択
  • 定型文入力(定型文編集も可能)
  • 記号入力
  • 左右寄せ切り替え
  • 縦・横書き切り替え
はる
はる
文字入力中にも様々な操作が可能です。

Phonto文字装飾ツール

Phontoには文字装飾機能が多数用意されていて、文字をタップするとポップアップで編集メニューが表示されます。

Phontoを使うと、

  1. 文字▶︎文字入力・書き換え他
  2. フォント▶︎フォント変更
  3. スタイル▶︎色・縁取り・背景・濃淡・影 他
  4. サイズ▶︎フォントサイズ変更
  5. 傾き▶︎角度変更
  6. 移動▶︎カーソル表示
  7. カーブ▶︎アーチ表示調整
  8. 3D▶︎立体表示編集
  9. 消しゴム▶︎なぞった部分を消す

などの文字入力・編集が可能になります。

操作はびっくりするくらい簡単なので、ためらわずにまずは触ってみてください。

はる
はる
各メニューの操作方法について解説していきます。

スタイル

色・縁取り・背景を調整する

文字の調整方法

  1. 画面上部の”色タブ”をタップ
  2. 文字タブ▶︎文字編集
  3. ストロークタブ▶︎文字縁取りを編集
  4. 背景タブ▶︎背景色などを編集
  5. タブ選択後、色味調整
  6. 透明度で透過度合い調整
はる
はる
色味はパレットから選ぶか、下のコントロールバーで微調整しながらオリジナルカラーを作ることもできます。

影・文字行間の間隔を調整する

影・間隔の操作方法

  1. 画面上部の”スタイルタブ”をタップ
  2. 影タブで影を装飾
  3. 間隔をタップして文字・行間を調整
  4. 下線も入力可能
はる
はる
テキストと同じく濃淡や色味調整が可能です。

フォント

フォントが豊富すぎる

はる
はる
フォント数は全部で約500種類、そのうち日本語フォントは55種類用意されています。

フリーフォントを追加可能

はる
はる
さらにフォントをダウンロードして追加することもできます。

フリーフォントをダウンロードする方法

  1. 好みのフリーフォントを探す
  2. “配信サイトでダウンロード”をタップ
  3. 任意のフォントをタップ
  4. ダウンロードをタップ
  5. 完了
はる
はる
『フリーフォント』で検索するとたくさん出てきます。お気に入りのフォントを探してみましょう!

フリーフォントをインストールする方法

  1. ダウンロードしたZIPフォルダをタップ
  2. もう一度タップ
  3. 解凍したフォルダをタップ
  4. ttfファイルをタップ
  5. 画面左下の共有ボタンをタップ
  6. その他アプリをタップ
  7. Phontoをタップ
  8. インストールをタップ
  9. 完了
はる
はる
自分好みの文字入れができるようお気に入りのフォントをどんどん増やしていきましょう!

傾き

傾きで文字に角度をつける

はる
はる
傾きメニューでバーを動かして文字に角度をつけることができます。

移動

カーソルで微調整

はる
はる
文字自体をタップしてガーッと動かすこともできますし、移動メニューで表示されるカーソルをタップして細かく場所を移動させることもできます。

カーブ

弧を描くような文字列に

はる
はる
文字列をカーブさせることもできます。

3D

3Dで飛び出すような文字列に

3Dの操作方法

  1. 3Dをタップ
  2. 4方の点を移動させる
はる
はる
文字が飛び出してくる感じの3D表現も可能です!

消しゴム

消しゴムでレイヤー感を演出

ブログのアイキャッチ画像一例

消しゴム手順

  1. 文字を入力する
  2. 頭に重なっている部分だけを消す
  3. レイヤー感の表現が可能に
はる
はる
消しゴムツールで商品・顔に重なった部分を消すことで、文字が背面に書かれているような奥行き感を演出することもできます!

完成したデータを書き出す

書き出し方法

  • JPEG書き出しの時→画像を保存
  • 透過画像の時→PNGファイルで保存
はる
はる
もともと透過画像だったものをJPEG書き出ししてしまうと白い背景が強制的に作られてしまうので要注意です。

Phontoを使うメリットは”自由度の高さ”

左がPhonto、右がLINEスタンプメーカー

LINEスタンプを自作する時にはLINEスタンプメーカーという公式アプリを使います。

そのアプリでも文字入力はできますが、Phontoほど文字をいじり倒すことはできません。

色の調整とか、を入れられたりとか、縦書きモードがあるので句読点が正しく表示されたりとか。

ここまで読んでくださったあなたにはこのアプリの優秀さがきっと伝わっているはず!

Phonto、超優秀です!

はる
はる
Phontoふぉんとうにできる子なのです。

LINEスタンプメーカーでも文字入れは可能

完成度を理想に近づけたくて文字入れ専用アプリを使いましたが、本家のLINEスタンプメーカーでも文字入れはできます。

簡単な方がいい!
とりあえずやってみたい!

という方はそちらから初めてみてもいいかもしれません。

LINEクリエイターズスタジオの使い方|フォント・文字装飾方法まとめ。 ⇧詳細は画像をクリック⇧ オンラインLINEスタンプの作り方講座も開催中です。90分のレッスンの中でスタンプ作成から販売申...
オリジナルLINEスタンプの作り方|オンライン講座・レッスン内容一覧 レッスン内容 写真や画像の切り抜き方 画像の透過方法 オシャレな画像にするテクニック 使える・使われ...

過去作品集

はる
はる
リリース順は右から左。着実なスキルアップを自分でも感じます。

透過画像(png)の作り方はこちら

自分用LINEスタンプの作り方|透過画像をProcreateで作る方法Procreateで透過画像を作る方法を解説していきます。ProcreateならLINEスタンプを自作する時にも簡単に透過画像・pngを作ることができます。さらにiPad・ApplePencilとの相性も抜群。残したい部分、消したい部分の切り抜きを完璧にやりたいならこの方法がおすすめです!...

LINEスタンプ登録・申請方法はこちら

自分用LINEスタンプの作り方|アプリで簡単に作成&販売できました! ⇧詳細は画像をクリック⇧ オンラインLINEスタンプの作り方講座も開催中です。90分のレッスンの中でスタンプ作成から販...

POSTED COMMENT

  1. […] あわせて読みたい【LINEスタンプ自作講座】文字入力におすすめのアプリPho… […]

  2. […] あわせて読みたい【LINEスタンプ自作講座】文字入力におすすめのアプリPho… […]

  3. […] あわせて読みたい【LINEスタンプ自作講座】文字入力におすすめのアプリPho… […]

  4. […] あわせて読みたい【LINEスタンプ自作講座】文字入力におすすめのアプリPho… […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください