アプリの話

【LINEスタンプ自作講座】文字入力におすすめのアプリPhontoの使い方。

LINEスタンプ自作熱、再燃

新作40個パック完成

また作ってしまいました。しかも前回よりかなり完成度が高まったと自負しております。前作からの進化のポイントは2つ。

  • jpeg画像から、png画像(透過画像)へ
  • フォントの自由度アップ(前回は手書き)

ということで、前よりも”ちゃんとしたスタンプ感”が^^

申請したところ無事に承認されました。企業ロゴなども入れてませんし、公序良俗に反していなければ、スムーズに承認されるようです。

ちなみに過去作品はこちら


LINE STORE
https://store.line.me/stickershop/author/147709/ja

画像の切り抜き方はこちら

あわせて読みたい
【自分用LINEスタンプの作り方】透過画像(PNG)をProcreateで作ってみたよ!今回のブログは「LINEスタンプを作りたいと思ったことがあるけど、作ったことがない人」にぜひ読んでいただきたい内容です。読んでいただきた...

LINEスタンプ登録・申請方法はこちら

あわせて読みたい
LINEスタンプの作り方!アプリで自分用も簡単に作成できました♪福岡ローカルタレントの中で一番デジタルオタクであると自負している、どうもハルです。今回はLINE Creators Studioについて...

文字入力アプリPhontoの使い方

文字入力にはPhontoというアプリを使いました。フォント数が圧倒的で、文字装飾機能が豊富すぎるので、LINEのスタンプ作成アプリよりも理想のデザインに近づけることができます。

文字を入力するキャンパスを準備する

画面下部のカメラマークをタップします。

画像を読み込む

写真をこの場で撮影してもよし、写真フォルダから画像を選んでもよし、プレーンな画像を作成することも可能です。

文字を追加する

画面をタップすると文字追加タブが表示されます。それをタップして文字を入力して行きます。

文字入力モード

文字入力、フォント選択、定型文入力(定型文編集も可能)、一覧からの記号入力のほか、幅寄せ切り替え、縦/横書き切り替えボタンが便利です。

文字を装飾する

Phontoには理想のテキスト入力、装飾を可能にしてくれる様々なメニューが用意されています。

フォントが豊富すぎる

フォント数は全部で約500種類、そのうち日本語フォントは55種類用意されています。

さらにフォントをダウンロードして追加することもできます。

スタイルで色・影・背景を調整する

文字の色、ストローク(縁取り)、背景色を調整できます。パレットから選んでもいいし、下のコントロールバーで色を微調整することもできます。ストロークの幅、濃淡も調整可能です。

影の濃淡、色の調整のほか、文字間・行間の間隔も調整できます。

傾きで文字に角度をつける

傾きメニューでバーを動かして文字に角度をつけることができます。

移動

文字自体をタップしてガーッと動かすこともできますし、移動メニューで表示されるカーソルをタップして、細かく場所を移動させることもできます。

カーブ

文字列をカーブさせることもできます。

3Dで勢いを出す

4つの点の置きどころに合わせて文字の形が変わります。文字が飛び出してくる感じとか、そういった表現も可能にしてくれます。

消しゴムでレイヤー感を演出

アナザースカイごっこと入力したのち、頭に掛かっている部分だけを消しゴムツールで消すことで、文字が背面に書かれているように見せることもできます。要するに奥行き感が出せます。

※ちょっとだけ手間がかかるので既存画像流用しました。

完成したデータを書き出す

透過画像の上に文字を書き、そのまま透過画像として書き出したい場合は、画像をPNG画像として保存します。普通に画像として保存すると、白い背景が強制的に作られてしまうので注意が必要です。

透過画像サンプル↓

↑透過画像があるので画像保存してお使いください。

Phontoを使うメリットは自由度の高さ

LINEスタンプを自作する時にはLINE Creators Studioを使います。そのアプリでも文字入力はできますが、Phontoほど文字をいじり倒すことはできません。

下の文字。左がPhonto、右がLINE Creators Studioです。

色の調整とか、影を入れられたりとか、縦書きモードがあるので句読点が正しく表示されたりとか。

Phontoはホントにできる子です。あ、ダジャレみたいになってしまった。このアプリはめちゃくちゃ使えます。文字入れアプリをお探しであれば、Phontoはマストですよ!

LINE Creators Studioでも文字入れはできます

完成度を理想に近づけたくて文字入れ専用アプリを使いましたが、本家のLINE Creators Studioでも文字入れはできます。簡単でいいからやってみたいという方は、そちらから初めてみてもいいかもしれません。

あわせて読みたい
【LINEクリエイターズスタジオの使い方】フォント・文字装飾方法まとめ。LINEスタンプを自作する時の1番の近道 LINEスタンプを自分で作るときに避けては通れないのがLINE Creators Studi...

POSTED COMMENT

  1. […] あわせて読みたい【LINEスタンプ自作講座】文字入力におすすめのアプリPho… […]

  2. […] あわせて読みたい【LINEスタンプ自作講座】文字入力におすすめのアプリPho… […]

  3. […] あわせて読みたい【LINEスタンプ自作講座】文字入力におすすめのアプリPho… […]

  4. […] あわせて読みたい【LINEスタンプ自作講座】文字入力におすすめのアプリPho… […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です