お役立ち情報・イベント開催告知はLINE@で
iPhone/Apple関連

【2段階認証アプリ×チャットワーク】機種変更後復元できない時の対処法。

最近、セキュリティ向上のために2段階認証にするように勧めてくるサービスがありませんか?で、勢いで2段階認証設定しちゃったりしてませんか?

2段階認証設定する時に必要なQRコードとかバックアップコードをちゃんと保存してる人は大丈夫です。でももしQRコードなどを保存してない人は、機種変更後に結構苦労することになります。

かくいう僕も保存してなくて、先日のiPhone水没後、2段階認証が使えず困ってしまったばかり。

きっと同じ状況に陥ってしまい途方に暮れている人もいるはず!というわけで今回はチャットワークの2段階認証復元方法をまとめます。。。

Google Authenticator

IDパスワードに加え、Authenticatorのワンタイムパスワードを使用してログインする仕組みが2段階認証です。2段階認証に設定しておけば、もしIDとパスワードが盗まれたり漏洩したとしても、不正ログインされる可能性がグッと低くなります。

このワンタイムパスワードを発行してくれるアプリがGoogleAuthenticatorです。

2段階認証開始時にはQRコードや万が一の時のためにバックアップコードというものがユーザーに与えられます。

これをちゃんと保存していなかった人は、以下の設定で2段階認証を解除後再設定しましょう。

チャットワークの2段階認証を解除する

はる
はる
解除作業はパソコンで進めていきます。アプリではできません。

1.アカウントをタップ

画面右上のアカウントの部分をクリック。

2.アカウント設定へ

アカウント設定をクリック。

3.2段階認証をオフに

画面左側の2段階認証タブをクリックしたら、2段階認証スイッチが出てくるのでオフにします。

4.チャットワークのパスワードを入力

5.2段階認証を無効に

2段階認証を無効にするをクリック。

はる
はる
これでチャットワークの2段階認証設定の解除は完了です。

Sponsored Link


2段階認証をiPhoneに再登録する方法

はる
はる
引き続きパソコンで作業を続けます。

1.2段階認証スイッチをオンにする

再び2段階認証の設定画面から、今度はスイッチをオンにします。

2.チャットワークのパスワードを入力します

3.認証アプリAuthenticatorの設定

  1. GoogleAuthenticatorをダウンロード
  2. 表示されているQRコードをカメラで読み取り
  3. 6桁のワンタイムパスワードを入力
  4. 表示されているQRコードを保存

Authenticatorの認証コード表示画面

QRコードやバックアップコードを保存しておけば、機種変更後Authenticator右上の【+】から簡単に追加できます。

4.バックアップコードを保存

バックアップコードが表示されるので印刷、またはコピー、スクリーンショットなどで保存します。スクリーンショットで残す場合はUSBメモリーなどオフライン状態で保存しましょう。

はる
はる
これで2段階認証の再登録が完了です。
2段階認証で困らないために
  • QRコードを保存する
  • バックアップコードを保存する
はる
はる
一手間ですがこの作業を忘れないようにしましょう!

Suicaの削除・復元方法まとめ

あわせて読みたい
【ApplePay】Suicaを削除できない&復元できない人の復活方法まとめ。 ApplePayのSuicaを削除しないまま機種変更してしまって困っているあなた。大丈夫です。前のSuicaを復活させる方法はち...