名字に【月】名前に【日】姓名判断や名付け本になかった漢字の意味。

img_6690
スポンサードリンク

img_6690
ある朝、ネネちゃんとキッキが、
バナナを半分にしたものを向かい合って食べている、
というだけのシチュエーションなんですが、
こんなシーンを作った娘の成長に逐一感動。

2才5ヶ月。

「ぎゅうにゅうとみかんジュースどっちにしましゅー?」
とか言いながらおままごともできるし、
「メニューでーしゅ」
とか言いながらお店屋さんごっこもできる上に、
「カードにしましゅかー?」
と支払い方法まで気にしてくれるようになりました。

最近のブームは「何で?」

何に対しても「何で?」返してくるから大変です。

「パパ、結婚式に行くんだ」
「何で?」
「お祝いするの」
「何で?」
「お友達がパパとママみたいになるからだよ」
「何で?」
「大好きになったんだって」
「何で?」
「何でだろうね」
「何で?」

何で?の千本ノックです(^^;;

知らないことをどう伝えたらいいのか、
次から次に考えないといけないので、
いい練習になってます。

子育て支援雑誌の【子づれDE CHA CHA CHA】にて、
娘が生まれて以来、子育てコラムを書かせていただいてます!!
img_3469
父・夫目線で、子育てにおいて感じたことを書かせてもらってます。

最新号は幼稚園特集!
2才、3才のお子さんがいらっしゃるご家庭の方は、
必読の内容となっています!!

手にとっていただけると幸いです♪

さて、ブログタイトルの、
名前についての話。

娘の名前を考えた時には、
名付け本を買って、
【漢字、文字の持つ意味】
【画数】
【苗字の最後の音と名前の最初の音の相性】
【かなの持つ陰陽五行】
などなど、
本に載っている限りの情報はもれなくチェックして、
できるだけネガティブな要素を取り除いた上で、
娘への想いを込めた名前を考えました。

Sponsored Link




その名前が【心春】

予定日が4月だったので『春』
『心』穏やかなあたたかく優しい子でいてほしいという願いもこめて、
『心春〈こはる〉』としました。

心を『こ』とは読まないんだけどどうしよう…
と悩みましたが、
それ以上にふさわしいと思える文字が見当たらなかったので、
押し通しました。

申し上げておきたいのは、
僕が自分好きだから〈はる〉をゴリ押しした、
わけでは決してございません(^^;;

で。

先日、妻が”いろいろ見える人”に、
いろいろ見てもらってきたんです。

そこで、娘の名前についての話も出たらしく、
そこで言われたのが、
「明るく終わっているからいい」
ということ。

名字の『有』の中には『月』の部首があります。
そして『春』の中には『日』の部首があります。

月を含んだ文字から始まり、
日が昇って名前が完結。

これはいいことなんだそうです。

全くもって意図していなかったんですが、
そんな見方もあることにびっくり。

もし苗字の部首に僕と同じく『月』など、
夜を連想させるものがある方でしたら、
子どもの名前を考える時には、
明るさや日の出を連想させる部首がある文字を、
探してみるのもいいかもしれません。

ちなみに。。。

車のナンバーにも運気があるみたいで、
例えば誕生日を設定することもあると思いますが、
わが家で見ると、
僕の誕生日【1120】→×
娘の誕生日【0503】→×
でも【・・53】なら◯
妻の誕生日【0908】→◎
という、
どやオーラ満載の妻リポートも添えておきます。。。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です