デジタルガジェット・家電

AirPods Proに似過ぎのWonderPods Pro(黒)レビュー!

僕はこれまで様々なワイヤレスイヤホンを利用してきましたが、Appleの“AirPods Pro”だけは手を出せずにいました。

なぜ手を出せていなかったかというと、、、

はる
はる
高いから…
※27800円(税抜)

独身だったらノリと勢いで絶対買ってましたが、結婚して以来、物欲を多少は抑えられるようになりました。(共働きの家庭人としてそのマインドコントロール能力はマストです)

しかしノイズキャンセリング機能を搭載した“AirPods Pro”の評価はすこぶるいいようで、発売以来ずっと気になる存在ではありました。

そんな中で目に飛び込んできたのが、見た目から機能までAirPods Proにそっくりすぎる、

『WonderPods Pro』

という名のワイヤレスイヤホン。

特筆すべきは本家AirPods Proにはないカラーバリエーション“マットブラック”があり、しかも日本円で7千円台半ばというコスパの良さ。

※価格はレートにより変動します。

7千円台半ばという価格は決して安くはありませんが、本家価格が27800円(税別)ということを考えれば、(もしも同等機能を有しているならば)格安です。

というわけで早速WonderPods公式サイトから購入し、

  • デザイン
  • フィット感
  • 音質
  • 機能・スペック
  • 操作方法
  • 購入方法

などなど、気になる点をチェックしてみました。

はる
はる
結論から言うと、AirPods Proには及びませんが買って後悔しないイヤホンですよ!

パッケージ、悪くない。

早速開封してみました。

箱の作りに関しては本家アップルほど“キッチリ・カッチリ”という感じではなかったですが、思ったよりいい出来でした。

マニュアルは英語表記のペライチです。

操作方法などはイラストで充分把握できると思います。

イヤーピースは3サイズ、Lightning-USBケーブルが同梱されています。

そう、WonderPods Proはアップル製品ではありませんがLightningケーブルで充電できます。

マットブラック、悪くない。

本家Appleがなかなか出してくれない“黒いイヤホン”WonderPods Proは実現してくれています。

白いイヤホンに抵抗がある人、絶対黒がいい人にとっては“AirPods Proと全く同じデザインで黒い”というのは魅力を感じるところではないでしょうか。

音質、悪くない。

カナル型(耳栓型)で自分の耳の形に合うサイズのイヤーピースを選べるため、遮音性も高く、外部の音に邪魔されることなく音楽に没入できます。重低音もズンドコ鳴ってくれるし、音質は僕的に大満足です。

AirPods Proと比較

見た目について

WonderPods Pro(黒)AirPods Pro(白)を並べて写真を撮ってみました。

いろんな角度から見比べてみましたが、色以外の違いは感じられませんでした。

左下写真で見比べてみると、AirPods Proの“黒いセンサー的な部分”が、WonderPods Proでは“シルバーに色付けされているだけ”のように感じられました。

音質について

WonderPods Pro“内部構造”に関する記述がないため、音質に関わるパーツ・部品を比較することはできませんが、音質に関しては“互角”と言っても過言ではありません。

最大の違いはノイズキャンセリング機能の有無?

AirPods Proノイズキャンセリングのオンオフ操作をした時には“ピコーン”と効果音が鳴るんですが、WonderPods Proでノイズキャンセリング操作のオンオフをしても、無音且つノイズがキャンセルされている実感が得られません。

後述しますが、ノイズキャンセリング設定項目はあることはあります。

ただそれが機能しているかは不明(笑)

僕の中で、

AirPods Pro-ノイキャン機能=WonderPods Pro

という方程式が成り立ちました。

はる
はる
そして圧倒的に安い!

WonderPodsProスペック

画像引用元:WonderPods公式
※Chromeで英語▶︎日本語翻訳済み

はる
はる
WonderPods Proのサイトに記載されている機能をひとつずつ見ていきます。

バッテリーについて

  • 1回の充電で4時間以上再生
  • 充電ケース併用で20時間以上再生

と表記されていますが、その数字通りの再生時間を確認しました。ロングバッテリーで、iPhoneと同じケーブルで充電できるため、モバイルバッテリーを持ち歩いていれば充電切れの心配は皆無と言ってよさそうです。

ノイズキャンセリングについて

ノイキャン設定項目はあります。
あるんですが…

WonderPods Proはノイズキャンセリング機能を備えていると謳っていますし、実際にiPhoneと接続するとノイズキャンセリングON/OFF設定画面を表示させることはできます。しかしながら、ノイズキャンセリング機能を実感することはできませんでした。

ただし、先述したように、カナル型(耳栓型)なので遮音性は高く、音楽に没入することはできます。

シームレスなペアリングについて

AirPods Proと認識されます!

WonderPods ProはiPhoneとシームレスに接続することができます。それどころかケースの蓋を開けると“AirPods Pro”と表示されました!画面上にポップアップが表示されたら、

  1. 接続をタップ
  2. 充電ケースのボタンを長押し

で接続完了です。

メディアコントロールは本家AirPods Proと同様ですが、ノイズコントロールには対応しないため、WonderPods Proの長押し操作はSiri起動となります。

防水・防塵機能について

防水・防塵機能を謳ってはいますが、等級を示す数値は公式サイトにも、同梱のマニュアルにも記載されていませんでした。公式サイトのヘルプセンターには『水やほこりに耐性がある』という表記のみ。”防滴”くらいの認識でいたほうがよさそうです。

スマートタッチコントロールについて

“触れる”というより“押し込む”操作スタイルです。AirPodsのタップ操作より確実性は高まっているように感じました。

WonderPods Pro操作方法

  • 1クリック▶︎再生/停止・通話
  • 2クリック▶︎曲送り
  • 3クリック▶︎曲戻し
  • 長押し▶︎Siri起動

自動スマート耳検出について

最初の装着時は耳に装着したことを認識しますが、残念ながら“外した時の一時停止動作”確認できませんでした。音楽が流れている状態で両耳を外したとしても音楽は止まりません。ケースに収納した時点で自動停止します。耳検出機能の中途半端感は否めませんが、止めたい時には1クリックすればいいだけなので問題なしということで。

GPS追跡・カスタマイズについて

iCloud.comにログインすればWonderPods Proの位置を確認することができます。デフォルトでは“AirPods Pro”という名称設定ですが、自由に変更可能です。

イヤーチップ装着テストについて

イヤーチップ装着状態テストもできましたが本家と同等のテスト結果がもたらされているかは不明です。

サイトとマニュアルで若干スペックが違う?

同梱のマニュアルでは再生時間210分(3時間30分)・スタンバイ240時間と記載されていました。公式サイトでは再生時間4時間以上、スタンバイ時間は480時間と記載されており、違いが見られました。いいスペックの方を信じることにします(笑)

Sponsored Link


ワイヤレスイヤホン比較

本体&ケース

左から、

  • PaMu Slide
  • AirPods
  • WonderPods Pro

です。

それぞれの特徴は個別記事に任せますが、

“PaMu Slideは10時間再生・ケース併用で60時間再生というずば抜けた再生時間”

“AirPodsは本家アップルが手掛けるイヤホンであり、iPhoneとの親和性が抜群”

“WonderPods ProはAirPods Proのようでありながら安い”

という三者三様の魅力があります。

PaMu Slideレビュー|AirPods比較とINDIEGOGO買い方まとめ。 iPhoneユーザーの僕にとってAirPodsはパーフェクトなワイヤレスイヤホンです。 シームレスにスマホやパソコンと接続...
AirPods2(新型/第2世代)レビュー|音質・切り替え速度比較vs第1世代。カートに入れては削除、カートに入れては削除を何度も何度も繰り返して、結局手元に届くこととなってしまった新型AirPods。 ...

イヤホン本体比較

左から、

  • PaMu Slide
  • AirPods
  • WonderPods Pro

です。

装着感としてはどれも悪くないんですが、AirPods Proと同サイズのWonderPods Proが最もコンパクトです。

装着比較

一度WonderPods Proに慣れると、AirPodsの筒部分が長く感じるようになってしまいました。

着け心地はWonderPods Proがピカイチです。

総括

WonderPods Proのメリット

  • “ほぼ”AirPods Proなのに7千円台
  • AirPods Proにはないマットブラックを用意
  • 連続4時間再生、最大20時間再生は必要充分
  • Lightning端子で充電できる
  • 音質も申し分ない

WonderPods Proのデメリット

  • ノイズキャンセル機能は実感できず
  • 防水・防塵に関する明確な等級記載がない

マスク時代にワイヤレスイヤホンのススメ

もしあなたが有線イヤホンを利用中であれば、どれでもいいので“ワイヤレスイヤホンデビュー”してみてください。

“耳とポケット”
“耳とバッグ”

の間にコードがあるのとないのとでは天と地ほど快適さが違ってきます。

ちなみにワイヤレスイヤホンは“マスク着脱時にイヤホンを着けたり外したりしなくて良い”というメリットもあります。

外出時によく音楽を聴くのであれば、ワイヤレスイヤホンはおすすめです。

はる
はる
ノイズキャンセル機能が不要で、且つ黒いAirPods Proが欲しいなら、WonderPods Proはかなりおすすめです!

WonderPods Proの購入方法

注文手順

  1. WonderPods公式サイトにアクセス
  2. WonderPods Proのカラーと数量を選択
  3. ADD TO CARTをクリック
  4. PROCEED TO CHECKOUTをクリック
  5. ApplePayボタンをクリック
  6. 支払いを承認

海外サイトを利用する時には、カード情報入力・配送先の入力が不要のApplePayPayPalで購入されることをおすすめします。

ちなみにネットショッピングではApplePay決済上でVISAカードが利用できない点には注意が必要です。

また、支払い承認前に“配送先の住所”が正しく記載されているかも要確認。

VISAカードAndroidユーザーであればPayPalアカウントを作成してから注文されると面倒な手続きを省略できます。

※PayPalアカウントを作成する面倒は生じますが(笑)

配送状況確認方法

  1. 購入確認メールを開く
  2. View your orderをクリック
  3. Sagawa(EN)tracking numberをクリック
  4. トラッキングナンバーを入力
  5. Track itをクリック

購入確認メールは支払い完了後すぐに配信されます。

同時にトラッキングナンバーも付与されていますが、SAGAWAのサイトでトラッキングナンバーを入力しても、しばらくは配送状況が反映されない時期が続きます。

ドライバーさんが荷物をピックアップするとその旨が反映されます。

トラッキングナンバーに情報が反映されるまでが8日ほどかかり、そこから2日ほどで到着しました。

※参考|注文日:7月2日▶︎到着日:7月12日

ワイヤレスイヤホン経歴

  1. フィリップスTX2BT
  2. BeatsX
  3. AirPods
  4. AirPods第2世代
  5. PamuSlide
  6. WonderPods Pro

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください