AirPodsが出ないからイヤホンはフィリップスTX2BTでワイヤレス化♪

img_0843
スポンサードリンク

アップルが10月25日に発売すると言っておきながら、
HPを見ると「まもなく発売」と表示され続けるばかりで、
未だ出てくる気配がない【AirPods】

ワイヤレスで、
接続も簡単で、
パッテリーの持ちもよくて、
Siriも通話もできるということで、
イヤホン用端子が省かれてしまった、
iPhone7・7Plusユーザーとしては、
早く出て欲しいアイテムの1つ。

一体いつ発売になるんでしょうか。

そんな便利なアイテムについての、
詳しい説明については↓のブログに任せるとして。。。

AirPods・XperiaEarの発売日/価格/機能比較【ワイヤレスまとめ】

iPhone7で従来のイヤホンが使えないかというと、
そういうわけではありません。

付属品として、
iPhone7と従来イヤホンを繋ぐアダプターが、
ちゃんとついてます。

ただ、そのアダプターは充電端子を塞ぐので、
音楽を聴きながら、
充電をすることはできません。

やっぱりワイヤレスありきだな、
と感じざるをえません。

イヤホン端子排除という割り切りを、
ユーザーに求めておいておきながら、
最適解となるはずのAirPodsを焦らされ続けた結果、
僕の中に、
【AirPodsを待たない】
という選択肢が湧いてきてしまいました。

そして、某家電量販店に行きました。

で、こうなりました。
img_0843
Philips(フィリップス)
Bluetooth対応カナル型イヤホン
【TX2BT】

Bluetoothのバージョンは4.1。
音楽再生は5.5時間。
img_0865
中央のボックスに、
Bluetoothトランスミッターやバッテリーを搭載。

3つボタンのリモコンでは、
1プッシュで音量調整、
長押しで曲送り、曲戻しができます。
img_0358
この側面にミニUSBジャックで充電可能。

Sponsored Link




イヤホンのバッテリー残量は、
画面上部のインフォメーションエリアに表示。
img_0298
『ワイヤレスライフのとびらを開けてみて♪』
右上の【B】マークの右隣りに、
常時イヤホンのバッテリー残量が出てます。
残量がいよいよなくなってくると、
音声で「あとちょっとです」と知らせてくれます。

そのお知らせから、
8分ほどで電源が切れました。

お知らせからの粘り強さはないのかもしれません。

ワイヤレス最大の利点がコレ。
img_0844
この状態で音楽聴けてます♪

コードがないので、
再生端末は上着のポケットに入れたままでもいいし、
バッグに入れたままでもいいし、
適当なところに置いててもいいです。

iPhone7を充電しながら、
音楽を聴くこともできます。

便利すぎます。

某家電量販店ではかなりの数の、
視聴用Bluetoothイヤホンが用意されてました。

気になるものを聴き漁りました。
店員さんのオススメのものも聴いてみました。

価格はピンキリ。

下は数千円のものから、
上はウン万円のものまで。

個人的な感想ですが、
【高価格=高音質】
というわけでもなさそうだということ。

クリアな音質で、
重低音もガツンと鳴らしてくれるものを模索。

聴いて聴いて聴いて聴いて。。。

視聴に次ぐ視聴の末に選んだのが、
PhilipsのTX2BTだったわけです。

音質も満足ですが、
黒ベースにゴールドという色遣いもナイス。

AirPodsは白で、
耳からピョロっと出たスタイルなので、
『耳からうどん』と評されています。

目立つあちらよりは、
目立たないこちらというのもあるし、
ワイヤレスとはいえ、
左右を繋ぐコードがあるおかげで、
レジの時とか、
誰かと話すような場面では、
片方のイヤホンを耳に引っ掛けとく、
ということもできます。

それから”きし麺コード”なので、
絡まったりすることもないし、
丈夫な作りになってます。

繰り返しますが。。。
・iPhone7で充電しながら音楽を聴ける!
・黒!
・ワイヤレス!
これだけで十分買いです☆

ワイヤレスイヤホンデビューしたい方、
本当に便利ですし、
いい音を出せるのがイマドキです。

ご参考まで♪

ちなみに某家電量販店では、
このAmazon価格より、
もうちょっと安くしてくれましたよ♪
img_0336

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です