LINEスタンプの作り方!アプリで自分用も簡単に作成できました♪

FullSizeRender 4
スポンサードリンク

LINEスタンプは自分で作れます

LINEスタンプで、
『こんなのがあったらなぁ。。。』
って思うこと、ありませんか?

そんな時は、
自分で作っちゃいましょう!!

ということで今回は、
LINEスタンプの作り方をまとめておきます。

スタンプ作成用のアプリを使うので、
作業自体は簡単です。

作ったスタンプを販売することもできます。

※説明の中で娘の写真を使ったスタンプが出てきますが、
それは販売用に作ったものではなく、
家族内で使うことを目的としたものです。

※販売自体を目的としたスタンプはコチラ♡

【イタリア・ルネサンス期 feat. 博多弁】

イタリア好き、博多弁好きなあなたに。。。

スクリーンショット 2017-10-18 0.13.10
https://line.me/S/sticker/1572698

【上の絵のコメントなしバージョン】

入力したコメントとともに、
様々な表情で思いを伝えられます。。。

スクリーンショット 2017-10-18 0.15.33
https://line.me/S/sticker/1611128

【次のステップの予習にどうぞ】
↓スタンプ申請後リジェクトされまくるも、承認まで持ち込んだ話

【LINEスタンプ】リジェクトされるも修正せずに承認まで持ち込んだ話。

LINE Creators Studioをダウンロード

まずは、iPhoneの人は【App Store】で、
Androidの人は【Play Store】で、
【LINE Creators Studio】(ラインクリエイターズスタジオ)
というアプリをダウンロードします。(アプリは無料です)

FullSizeRender 5

レビューを見ると不満が並んでますが、
僕の場合は不具合なく、
快適に作業できました。

「審査完了までが遅い」
なんて書き込みもありますが、
誰でも作れるようになったことで、
申請数が相当増えてるからじゃないか、
という気がしてます。

僕の場合は、
申請してから1週間ほどで審査が完了しました。

申請後は気長に待ちましょう。

アプリをダウンロードしたら早速作りましょう

アプリを立ち上げて、
【+スタンプを作ろう】をタップします。

IMG_8741

パッケージのタイトルを決めます

2文字以上、40文字以内で考えます。

FullSizeRender 10

パッケージの表紙画面がこちら

下の【+】からデータを追加していきます。
右上の【編集】から追加したデータの変更・削除ができます。
パッケージ完成後に【販売】をタップすると、
LINEに対して販売申請ができます。
審査を経て問題がなければ、
無事にスタンプショップから販売されます。

FullSizeRender 7

データを作る方法は全部で3種類

・鉛筆マークを選んで手描き
・写真フォルダから選択
・カメラを起動して撮影

FullSizeRender 11

手描きモード

手描きとテキスト入力ができます。

写真から選んで作るのが一番カンタンです

写真アプリから選択します。

IMG_1290

指でなぞって画像を切り抜きます。

FullSizeRender 9

切り抜いた部分は微調整できます。

緑のドットが線上に多数出てきます。
そのドットは動かすことができます。
輪郭をより精密に切り抜くことができます。

FullSizeRender 6

完了。

FullSizeRender 2

この作業を繰り返します。

販売するには最低8スタンプのデータが必要です

パッケージに入れられるスタンプ数は、
最低8つ、最大40枚です。

FullSizeRender 8

8スタンプであれば手っ取り早く、
販売に漕ぎ着けることができますが、
買う側としては、物足りない数字でもあります。

スタンプ数を増やす作業を地道にできるか。
それだけのバリエーションを考えられるか。

販売目的で考えると、
そこをがんばれるかどうかが鍵になりそうです。

FullSizeRender

申請したら、あとは待つだけ

審査状況はマイページで確認できます。

先ほども書きましたが、
誰でも作れるようになったことで、
申請数がかなり増えていることが考えられます。

【審査中】のステータスになるまで、
申請してから3-4日かかりました。

だだし。

僕は2つのパッケージを販売申請しました。

先に申請したのは文字なしのパッケージの方。
だけど、あとから申請した文字ありパッケージの方が、
先に販売OKになりました。

申請プロセスについてはLINEのみぞ知る。。。

FullSizeRender 4

ね、カンタンだったでしょ?

以上がLINEスタンプの自作方法になります。

オリジナルのスタンプを作れば、
LINEでの毎日のやり取りの中に、
家族や友人、恋人、自分の絵やコメントが、
使えるようになります。

デジタルな中でのアナログ感。
なんか良くないですか?

あと、初期投資ゼロで、
自分のパッケージを販売できるというのも、
腕に自信のある方には、
魅力的なんじゃないでしょうか。

用途、目的はさておき、
LINEさんは便利なアプリを作ってくれてます。

業者が作ってくれるサービスもすでに存在

オリジナルLINEスタンプ作りは、
コツコツやれば誰にでもできることではあります。

ただ、絵の得意不得意もあるでしょうし、
イメージをどう具現化すればいいか悩んだり、
アプリ操作自体を面倒だと感じてしまった人もいるでしょう。

もしお子さんのスタンプを作りたいと思っても、
パパママにコツコツやる時間なんてありません。

あれ、僕なんでできたんだろ♡

『作りたい思いはあるけど、自分にはできない』

と思った人のためのサービスがすでに存在してました。
世の中、目の付けどころが早い人たちがいるもので。

スクリーンショット 2017-09-28 14.59.57



自分の名刺がわりに、
タレントだったり、例えば営業の人だったりが、
会話のきっかけを作る武器として、
オリジナルスタンプを持っておくという考え方も、
これからはありだったりするのかなぁ。。。

お店やってる人が、
オリジナルスタンプで店PRとかは、
イマドキではありますね。

自分の顔のスタンプがあったとして、
それが全然知らないところで使われたとして、
それがたまたまキャスティングボードを握る人の目に留まって、
スカウトされて、全米デビューみたいな!?

まぁ、ありえないけど、ゼロでもない??
いや、全米デビューはゼロだな(笑)

それはさておき、
LINEのオリジナルスタンプは、
様々な可能性を秘めたツールであることは、
間違いないようです^^

スポンサードリンク

2 件のコメント

  • ハルくん、詳しいですよね。
    主人は、ツムツムのアプリを入れることもできませんでした。
    悩むところは無いと思うのですが・・・

    そんな主人に送る、[前にもそう言いましたよね]が、いま欲しいです(笑)

  • すごく分かりやすかったです!
    友人と使いたくてスタンプ作ってみたら喜んでくれました!!
    ありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です