お役立ち情報・イベント開催告知はLINE@で
イタリア・海外旅行話

【イタリア旅行】ミラノ・ナヴィリオ地区の行き方とレストランが抜群だった話。

はる
はる
やったことないことをする!
行ったことないとこに行く!

がテーマのイタリア旅。

ミラノ観光といえばドゥオモ周辺を歩くことが多かったのですが、せっかくなのでミラノの下町エリア『ナヴィリオ地区』トラム(路面電車)で行ってみることにしました。

行き先や乗るべきトラムがわからずあたふたしましたが、ミラネーゼの助けもありナヴィリオ行きのトラムに無事乗車。

ところがうっかり目的地を大きく通り過ぎて下車してしまいました。

地図を確認したところ歩いて戻れそうな距離だったので、付近を散策してみることに。

結果的にガイド本に載っている“THEナヴィリオ地区”は楽しみそびれてしまったんですが、『乗り過ごしてよかった!』と思えるような充実した楽しく美味しい時間を過ごすことができました!

はる
はる
イタリアの日常に溶け込みたい人にはおすすめのナヴィリオ散歩です!

ミラノの下町・ナヴィリオ地区とは?

グランデ運河

ガイド本に載っているのがまさにこの写真です。

ナヴィリオ地区は古い建物が並ぶミラノの下町地区で、職人の街としても知られているんだとか。

大規模な蚤の市(毎月最終日曜日)では掘り出し物を見つけることができるかもしれません。

グランデ運河はかつてミラノの重要な交通路だった頃の古き良き面影が残る場所。

最近では周辺にレストランも多く並び、地元でも人気が高いエリアとなっているようです。

ナヴィリオの蚤の市

グランデ運河沿いで毎月最終日曜日に開催されている蚤の市

アンティーク家具や雑貨、ヴィンテージの古着や古本、日用品などありとあらゆるものが揃うんだとか。

宝探し感覚で巡れば、お気に入りの一品に出会えるかもしれません。

行ったのはちょうど蚤の市開催日!!

だったというのにトラムを乗り過ごしたせいで行けず(笑)

それだけはちょっと無念^^;

5月24日広場・ティチネーゼ門

ティチネーゼ門はミラノがかつてこの門によって中心地と郊外を隔てていたという街のつくりを感じさせてくれます。

車やトラムの往来が激しいので近付いて見学する際には要注意です。

トラム・地下鉄のチケットを購入

チケット・乗車券の買い方

ミラノで地下鉄・トラム・バスに乗るには駅構内にある”キオスク”や”タバッキ”でチケットを購入する必要があります。

チケット・乗車券の種類と料金

  • 1回券/1.5ユーロ
  • 4回券/6ユーロ
  • 10回券/13.8ユーロ
  • 1日券(24時間券)/4.5ユーロ
  • 2日券(48時間券)/8.25ユーロ

乗り方

  • 地下鉄/改札機に通す
  • トラム・バス/乗った時に検札機で時刻を印字

検札機に通していない場合は罰金を払わなければならなくなります。

罰金なんてテンションがた落ちです。

忘れずに検札機に通しましょう。

ナヴィリオ地区への行き方

ドゥオモ駅からトラムに乗ります

現地ではネットできるようにしているのでナヴィリオ地区を検索すればルートは出てきます。

どうやらトラムに乗っていけるらしい。

駅はここらしい。

ということでやってきたのがトラムのドゥオモ駅

ドゥオモ駅は2つあるようですが、今回やってきたのはこっちのドゥオモ駅です。

ドゥオモ広場から歩いてすぐです。

ここからナヴィリオを目指すわけですが、さて何番のどのトラムに乗ればいいのでしょう。。。

わからない時は聞く

ミラネーゼが優しく教えてくれました。

どうやら3番のトラムに乗ったらいいらしい。

今となっては降りたらいい駅はわかりますが、何しろこの時は初トラムだったのでどこがどこだか。

3番の路線図を見ます。

今いるのはドゥオモ駅

そこから5駅先で降りればOK。

P.ZA VENTIQUATTRO MAGGIO駅がナヴィリオ地区の最寄駅です!

3番のトラムに乗車

ちゃんとチケットを検札機に通し、無事にトラム旅がスタート!

はる
はる
したはずでした。がしかし!

ここどこ?笑

はる
はる
なんかガイド本に乗ってる景色と違う。。。
はる
はる
ここどこ??
はる
はる
見知らぬ土地で見る『YAMAHA』の看板にちょっとホッとする。

降り立った駅は3駅先でした

はる
はる
どうやら3駅先のV.LE TIBALDI VIA MEDA駅で降りてしまった模様。
はる
はる
あははー。せっかくなのでグランデ運河に向かって歩いてみることにしました!

ナヴィリオ運河に繋がる水路を歩く

ルートは至ってシンプル。

降りた駅から水路に向かい、あとはひたすら水路沿いをナヴィリオ地区グランデ運河目指して歩くだけ。

どのくらい時間がかかるのかは未知数でしたが、時間もあるし、どうせトラム3駅分だけなので行き当たりばったりを楽しむことに。

これもまた旅の醍醐味。

インスタ映えスポットあり!

アート?落書き?

あちこちにストリートアートが

『食べられるぅ〜』

はる
はる
思いがけず楽しい記念写真を撮ることができました!

本場イタリアンがリーズナブルに!

Da Noi 2

日曜日なので閉まってる店が多かったんです。

そんな中で開いている店を発見。

天気もいいし外の席がいい感じだったので入ってみることに。

たまたま入った店でしたが料理の量も多くて美味しい上にリーズナブルという素晴らしいレストランでした。

Da Noi 2のメニュー

リゾット/RISOTTI

  • Carciofi e gamberi/10ユーロ

ピザ/PIZZA

  • Margherita/6ユーロ

サラダ/INSALATONE

  • Champignons/8.5ユーロ

めっちゃよくないですか??

中心地からちょっと離れたら、こんなに美味しくて財布に優しいレストランがありました!

トラムを乗り過ごしてよかった(笑)

また行けたらいいなぁ。。。

バッグの置き方に注意

通りに面したイスにバッグをこんな風に置いていたら『スリに持って行ってくれ』と言っているようなものです。

ここは日本ではありません。

気をつけましょう。

ナヴィリオ・グランデ運河に無事到着

水路沿いを歩き続けて無事にガイド本で見た場所に到着。

本来であればここから蚤の市を散策したいところですが、歩き疲れたし、お腹いっぱ胸いっぱいになってたのでもう帰ることに(笑)

トラムにも乗れたし、美味しいイタリアンも味わえたし、大満足のミラノ下町旅となりました。

ナヴィリオの蚤の市はまた改めて^^

イタリア旅行まとめブログ

あわせて読みたい
【イタリア旅行ブログ】おすすめの観光名所・必需品・注意点まとめ。(4回目旅行追記) 31歳まで海外未経験だった僕がこんなにイタリアラブになってしまった1番の理由は、日本では感じられない陽気さと解放感なのだと思いま...

POSTED COMMENT

  1. サカサ より:

    ナヴィリオは夜になると10ユーロでアルコール一杯プラス食べ放題の店が沢山あります。かなり美味しく、超お得です。トラムは誰もチェックしないので実質フリーのようなものです。一つ、挨拶をしない、グラッチェを言わない日本人旅行客が多いのが気になりました(そういう人達はナヴィリオには来ないですが、メジャーな場所では多かったです)

    • ハル より:

      サカサさま
      コメントくださりありがとうございます!イタリアにお住まいの方なのでしょうか?一昨年、ナヴィリオに行った時はほとんど無計画だったため、せっかく生きた情報をいただけましたし、今度はもっと楽しめたらと思います!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です