イタリア・海外旅行話

【イタリア旅行】スイス・フォックスタウンからのメンドリシオ散策。

はる
はる
いざ、人生初のスイスへ!

イタリア旅行中にスイスに行けるって知ってました?

ミラノ発のバスに乗ってスイスのショッピングモール『フォックスタウン』に向かうバスツアーがあるんです!

バスでイタリアからスイスへ。

陸で国境をまたぐというのも初体験。

このバスツアーのメインはショッピングということになるわけですが、買いたいものも特にありませんでした。

しかし帰りのバスの時間は決まっています。

バス出発時刻までの数時間を持て余していました。

そこでインフォメーションのスタッフに『おすすめの場所はありますか?』と尋ねたんです。

こちらとしては“フォックスタウンの中で”というつもりだったのですが、なんとその女性スタッフはフォックスタウンの”外”にあるおすすめの場所を教えてくれたんです。

そんなサプライズから2時間弱のスイス・メンドリシオ散歩がスタートしました!

まずはフォックスタウンについて

スイスの大型アウトレットモール

ミラノ出発のバスに乗ってスイスのフォックスタウンまで行くショッピングツアーです。

バスの送迎のみのツアーなので料金は20ユーロと安め。

バスツアースケジュール

  • 9:45/ツアー会社集合
  • 10:00/出発
  • 11:15/フォックスタウン着
  • 16:00/フォックスタウン発
  • 17:15/ツアー会社到着

160以上のブランドが並ぶスイスのフォックスタウン。全長3kmものショップウィンドウがズラリ!欧州ブランドが充実しているのが特徴です。

<ショップ一覧>
バリー、フェンディ、グッチ、ディーゼル、ラコステ、イヴ・サンローラン、プラダ、ヴェルサーチ、トッズ、ヴァレンチノ、トミー・ヒルフィガーなど

ショッピングセンター内には、7つのバーやレストラン、カジノ、美容院もあるので、ショッピングに疲れてしまっても、安心。一息ついてから、またお気に入り探しへ。

ツアーサイトより

現地では5時間弱の自由時間があり、その間にショッピングを楽しむもよし、カジノでハジけるもよし。

ブランド数は多いので、目当てのブランドがある人にはおすすめのツアーです。

はる
はる
個人的にはスペースとTheMallの方が満足度は高かったかなぁ。。。

しかしこれまた個人の感想ですが、このツアーの楽しみはフォックスタウンの外にあると言っても過言ではありません。

今回はフォックスタウンの外での楽しみ方をご紹介していきます。

いかにもスイスっぽい車窓が楽しめるのもこのバスツアーの魅力のひとつです。

はる
はる
この写真はまだイタリアですけど(笑)

スイスのマクドナルドでランチ

青空に映える馴染みの黄色いMマーク。

昼ご飯はフォックスタウンの隣りにあるマクドナルドで食べることにしました。

おしゃれ且つヘルシーなオーラを醸し出す店構えです。

スイスのフィレオフィッシュセット

見た目や味は日本のフィレオフィッシュと大差なし。

大差あるのは価格。

フィレオフィッシュセット11.20スイスフラン

1スイスフラン110円とすると1232円

はる
はる
高っ!!

いつもリーズナブルな値段で食べさせてくれる日本のマクドナルドに謹んで御礼申し上げます。

はる
はる
わお、ハイカロリー。

CALIFORNIA BAKERY

おしゃれなカフェレストラン

イタリアのミラノに展開しているカフェレストラン『CALIFORNIA BAKERY』

イタリアで展開しているアメリカンテイストなカフェがスイスに。。。

てんやわんや(笑)

ディナーメニューもあるようなお店ですが、今回はデザート利用。

映えちゃってます。

でもこの店に一番惹かれたのはカゴの使い方。

漫画『ONE PIECE』に出てくる海軍大将イッショウさんの仕業かと思わせるカゴの宙吊りディスプレイ。

五感を刺激してくれるカフェでした。

『おすすめの場所はありますか?』

ランチも済ませてひとしきり楽しんだわけですが、まだまだ滞在時間は残されていました。

数人で行っていたのですが、あるメンバーはカジノへ。

でも僕はカジノっていう気分でもなく。(←カジノ行ったことないけど)

そこで英語勉強中の同行メンバーがフォックスタウンのスタッフに『おすすめの場所はありますか?』と尋ねました。

我々はてっきりフォックスタウン内のおすすめの場所を教えてくれるのかと思いきや、さすが地元住民。

おもむろに地図を開き『このあたりがいい雰囲気よ』と教えてくれたのは、フォックスタウンから歩いて15分くらいにあるエリア。

時間はまだまだある。

ちょっと距離はありますが初めての場所に行くことこそが旅の醍醐味。

おすすめエリアに足をのばしてみることにしました。

メンドリシオ散策

静かな街でした。

地元の人たちの日常がそこにありました。

でも初めて訪れる僕にとっては全てが新鮮な非日常。

メンドリシオについて検索してみましたが詳しい情報はあまり出てこず。

だから目の前の建物が何だったのか、どんな歴史があるのか、どれほど価値があるものなのかはわからないままですが、新婚旅行でたまたま泊まったポンタッシエーベのようにメンドリシオを歩いたことは一生忘れられない思い出になりました。

はる
はる
最高♡

NEXT…ナヴィリオ地区に行こうと思ったら…

ミラノの下町エリア『ナヴィリオ地区』に行こうと思ってトラムに乗ったら、目的地を通り過ぎてしまってさぁ大変。

でもそのおかげでガイド本には載っていない時間を過ごすことができました。

はる
はる
安くて美味しい店、発見!
イタリア旅行|ミラノ・ナヴィリオ地区の行き方とレストランが抜群だった話。 がテーマのイタリア旅。 ミラノ観光といえばドゥオモ周辺を歩くことが多かったのですが、せっかくなのでミラノの下町エリア『ナヴ...

イタリア旅行まとめブログ

イタリア旅行ブログ|おすすめの観光名所・必需品・注意点まとめ。(4回目旅行追記) 31歳まで海外未経験だった僕がこんなにイタリアラブになってしまった1番の理由は、日本では感じられない陽気さと解放感なのだと思いま...

POSTED COMMENT

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください