イタリア・海外旅行話

【イタリア・鉄道の乗り方】時刻表電光掲示板・案内板の見方まとめ。

ミラノ・マルペンサ空港からミラノ中央駅までマルペンサエクスプレスで移動。そこでユーレイルパスを無事にアクティベート/ヴァリデーション完了。さらにミラノからベネチアまでの座席指定券も購入。あとはベネチア行きの列車に乗るだけとなりました。で、乗る列車はどこのホームかな?あれ?ホームが決まってない。。。というのがイタリアあるある。イタリアの鉄道の電光掲示板の見方をチェックします。。。

電光掲示板で列車&ホームを確認する

イタリアの駅ではよく電光掲示板の前に人だかりができています。そしてみんな電光掲示板を凝視しています。何故ならば、自分の乗る列車の出発ホームが決まっていないことがあるからです。

PARTENZE/DEPARTURESを見る

出発する列車と、到着する列車を案内する電光掲示板がそれぞれあります。出発前は必ずPARTENZE/DEPARTURESの案内板をチェックします。僕が乗りたい9727/VENEZIA S.L.(ベネチアサンタルチア)行き12時45分発の列車は約20分前の時点では乗り場が決まっていません。なのでこのまま案内板の前でホームが表示されるのを待ちます。

ホーム確定

列車が出発する約15分前に13番乗り場であることが表示されました。これを確認したところで、13番ホームへと向かいます。今回はのんびりでしたが、乗り場決定から出発までの時間が短く、乗客が猛ダッシュせねばならないケースもあるようです(笑)そんなドキドキハラハラ感もイタリア旅ならでは^^

イタリアの新幹線・フレッチャロッサ

最高速度300km/h

フレッチャロッサ (Frecciarossa)

イタリアのトレニタリアが運行する優等列車の名称。2008年12月にこのカテゴリーの列車が初めて設定され、2012年6月にはそれまで高速鉄道サービスとして展開していたユーロスター・イタリアを、フレッチャロッサとフレッチャルジェントの2つのカテゴリーに完全に振り分けた。フレッチャロッサは『赤い矢』、フレッチャルジェントは『銀の矢』という意味の造語で、より高速な列車をFrecciarossaに、それ以外をFrecciargentoとしている。フレッチャロッサは、ETR500およびETR400の高速鉄道車両を用い、高速新線では最高速度300km/hで走行する。

列車の座席等級は4つのクラスに分かれており、上位よりエクゼクティブ、ビジネス、プレミアム、スタンダードである。エクゼクティブ・クラスの乗客には、飲み物及び食事、新聞や雑誌が無料で提供される。一等車に相当するビジネス、プレミアムの各クラスの乗客にはウエルカム・ドリンク(飲み物と菓子)と新聞(13時まで)が無料で提供される。また、すべての列車には食堂車が連結されている

Wikipediaより

フレッチャロッサ都市間移動時間

  • ミラノ・ベネチア間:約2時間30分
  • ヴェネチア・フィレンツェ間:約2時間10
  • フィレンツェ・ミラノ間:約1時間40

今回の旅の中ではミラノ・ベネチア間が一番長旅ではありましたが、列車内は快適で思ったよりあっという間に目的地に着いた印象です。

車内での充電可能

座席の間にコンセントがあります。充電コード、コンセント変換プラグは手荷物のほうに入れておきましょう。

created by Rinker
日章工業(NISSYO INDUSTRY)
¥444
(2018/10/19 03:56:43時点 Amazon調べ-詳細)

車内アナウンスは特になし

この写真はベネチアからフィレンツェに向かう列車内のモニターです。目的地が終点であれば問題ないですが、経由地である場合は乗り過ごさないようにモニター要チェックです。

スーパーで買い出し

CONADのハムシリーズはどれも2ユーロ以下という衝撃の安さ。ハム天国・イタリア。サルーテ!(乾杯)

NEXT…ベネチア到着・ガラスアクセ作り体験

無事に最初の目的地である水の都・ベネチアに到着。ベネチアンガラスのアクセサリー作りを体験すべく、出国前に予約しておいたガラス工房へ。大人も子どもも楽しめるベネチアンガラス体験。めちゃくちゃ楽しかったのでこれはベネチアを訪れる方にはぜひおすすめしたい観光体験です。ちなみにベネチアンガラスというのは日本人だけなんだとか。本場のムラーノガラス体験については次のブログで。。。

4度目のイタリア旅行ブログ

あわせて読みたい
マルペンサエクスプレスの切符の買い方・乗り方とPay&Goコンタクトレスについて。さて、細かすぎる上海トランジットレポートを経て無事にミラノ・マルペンサ空港に降り立ちました。ついに37歳おじさんの"はじめてのおつかい"...
あわせて読みたい
ユーレイルパスの使い方・値段・バリデーション方法・記入例まとめ。今回のイタリア旅行ではミラノ・フィレンツェ・ベネチアの3都市に滞在します。それぞれの都市間は海外旅行者向けのユーレイルパスを利用して、イ...
あわせて読みたい
ベネチアンガラス工房ラルベロの作品づくり体験がおすすめ&楽しすぎた話。Venezia。カタカナで書くとベネチア、ヴェネチア、ヴェネツィアなどなど様々な書き方がありますが、ヴェネツィアと書くとなんかかぶれてる...
あわせて読みたい
ベネチアの本屋・LibreriaAcquaAlta/リブレリアアクアアルタがおしゃれ。ラルベロでベネチアンガラスを体験した後、PINOさん・KANAEさんご夫妻からディナーにおすすめの場所をご紹介いただいたのでその店に向か...
あわせて読みたい
【ベネチアおすすめレストランブログ】アルポッジョ/AL POGGIO。ベネチア1日目の夜ご飯。絶対ハズしたくないじゃないですか。というわけでベネチアンガラス工房ラルベロのPINOさんKANAEさんイチオシの...
あわせて読みたい
ベネチアおすすめレストランブログ・日本語メニューのTAVERNAdeiDOGI。初めてベネチアを訪れたのは新婚旅行の時。ツアーのランチで行ったレストランだから決して高いお店というわけではなかったと思いますが、あの時以...
あわせて読みたい
ベネチアおすすめレストランブログ・anticoDOLO/アンティコドーロ。ベネチア初日の夜ご飯はガラス工房ラルベロのPINOさんKANAEさんご夫妻おすすめのトラットリアアルポッジョ、2日目のランチは地元ガイド...
あわせて読みたい
【ベネチアおすすめジェラート】SUSO/Boutique del gelato/『ベネチアのジェラート屋さん、どこに行ったらいいんだろう』と迷い中のあなたのために、とりあえず今回食べた3店舗は美味しかったのでまとめて...
あわせて読みたい
【ベネチア・ヴァポレット】乗り方やチケット料金/買い方/路線図まとめ。ベネチア2日目。午前中はサン・マルコ寺院やドゥカーレ宮殿へ。ホテルは子連れということでサンタルチア駅から徒歩圏内の場所だったので、サン・...
あわせて読みたい
ベネチア大鐘楼の入場料金・営業時間・所要時間・高さまとめ。ベネチアの観光名所であるサン・マルコ広場にそびえ立つ大鐘楼。上には見晴台があり、100m近い高さから美しいベネチアの街並みを一望すること...
あわせて読みたい
ベネチアのホテル・子連れ家族旅行におすすめの場所は?料金は安い?高い?4歳子連れのベネチア旅。どのエリアのホテルを泊まるかというのもひとつの悩みどころでした。ベネチアに詳しい方に相談したところ『駅に近い方が...
あわせて読みたい
【フィレンツェのおすすめ駅近ホテル】ミネルヴァがおしゃれすぎました...大充実のベネチア2泊を終え、続いて向かったのはイタリア旅行4回中4度目の訪問となるフィレンツェ。フィレンツェと言えばドゥオモやウフィツィ...
あわせて読みたい
【フィレンツェ・アウトレットの行き方】TheMall直行バス乗り方まとめ。フィレンツェにはSPACE PRADA OUTLETと様々なブランドが並ぶThe Mallという2つのアウトレットモールがあります。日本...
あわせて読みたい
【イタリア・フィレンツェ】THE MALLグッチカフェのメニュー・価格まとめ。フィレンツェ・サンタマリアノヴェッラ駅横のバスターミナルから直通バスに乗って約40分。風光明媚な場所にあるアウトレットモール・THE M...
あわせて読みたい
フィレンツェのおすすめレストラン・ZAZAでステーキ&パスタに舌鼓。妻の誕生日はフィレンツェで迎えることとなりました。せっかくの記念日、せっかくのイタリアなので、間違いなく美味しいものが食べたい!というこ...
あわせて読みたい
【フィレンツェ】観光名所を360度カメラで撮影&おすすめスポットまとめ。せっかくフィレンツェに来たのでスタンダードな観光もしておきたいところ。見るだけ観光なら半日もあればある程度は見られるかと思いますが、例え...
あわせて読みたい
【フィレンツェ】ドゥオモ・クーポラのチケット事前予約方法&買い方まとめ。フィレンツェでやり残していることといえば、ドゥオモの円形ドーム・クーポラに登ること。で、結論から書くと今回も登れずに帰ってきてしまいまし...
あわせて読みたい
【フィレンツェ】ドゥオモ観光の所要時間&ジョットの鐘楼に4歳で踏破。ドゥオモ共通券を購入したところで、僕はドゥオモの中に久々入りたくなり行列の最後尾へ。妻と娘は隣りのジョットの鐘楼に登ることに。ながーい列...
あわせて読みたい
ミラノのスタバの場所・営業時間やマグ・タンブラー・限定グッズをチェック!明日の帰国に備え、フィレンツェからミラノに戻ってきました!ミラノ中央駅に到着し、ホテルにチェックインしたのが夕暮れ時。このままご飯を食べ...
あわせて読みたい
【ミラノ中央駅近くのおすすめホテル】アオスタグルッポミニホテルの朝食が素敵。イタリア最終日。上海行きの便が12時40分発なので、遅くとも10時にはミラノ中央駅発のマルペンサエクスプレスに乗らねばなりません。という...