イタリア・海外旅行話

ベネチアンガラス工房ラルベロの作品づくり体験がおすすめ&楽しすぎた話。

Venezia。カタカナで書くとベネチア、ヴェネチア、ヴェネツィアなどなど様々な書き方がありますが、ヴェネツィアと書くとなんかかぶれてる感が出るのはなぜだろう。Vだから「ヴェ」だし、ziaだから「ツィア」の方が発音には近いんですけどね。。。さて、ヴェネッツィアに着きました。まず最初の予定はベネチアンガラス体験。サンタルチア駅から迷わず行けたら徒歩30分ほどのところにあるベネチアンガラス工房『ラルベロ』へ。ここではベネチアンガラスのアクセ作りができるんですが、これがめちゃくちゃ楽しかった!ベネチアを訪れる全ての日本人におすすめしたくなる大満足のひとときとなりました。。。

ベネチアンガラス工房ラルベロ

ベネチアンガラス工房ラルベロはベネチアの玄関口・サンタルチア駅から迷わず行けたら徒歩30分くらいのところにあります。僕はまんまと迷いまくったので1時間くらいかかってしまいました。こっちかなーと思いながら進んでたら全然違うとこに辿り着いちゃうベネチアあるある。そもそも体験を予約していたのは16時だったのですが、ユーレイルパスのアクティベートに想定外の時間がかかってしまい、サンタルチア駅に到着したのが15時半。ギリ間に合う可能性もあったわけですが、何しろベネチアを訪れるのは新婚旅行以来で土地勘皆無。予約時間から大幅に遅れてしまいましたが、優しく迎えてくださったのでした。

イタリア人のガラス職人PINOさんと日本から嫁いだKANAEさんご夫妻。

店内には幼少の頃から本場ムラーノ島のガラス工房で修行を重ねたPINOさんの素敵な作品が並びます。

ベネチアンガラス体験

ラルベロでは本場ベネチアンガラスを使ったオリジナルアクセサリー作りができます。HPには作ることができるものとしてペンダントやブローチが掲載されていますが、それをベースに例えばヘアゴムの飾りにしたり、ピアスにアレンジしたり、そもそものデザイン自体も希望を聞いてもらえたりと、柔軟に対応していただける体験教室でした。

ベネチアンガラス体験料金・時間

  • 基本料金45ユーロ〜(体験28ユーロ+作品代)
  • 完全予約制
  • 製作時間は約1時間〜1時間30分
  • 体験料金支払いはキャッシュ(ユーロ)のみ・カード不可
  • 追加製作は作品代のみ課金
  • 追加製作する場合は制限時間(3時間)
  • 体験はデザインまで
  • 釜入れ後、日本に発送

ガラス作り体験スタート

今回は98日に誕生日を迎える妻のプレゼント作りを兼ねたベネチアンガラス体験でした。申し込み時点ではアクセサリー作りをするのは僕ひとりの予定でした。HP小さな子どもには難しいという表記もあったので、4歳の娘には僕の手伝いを少しだけさせてあげられたらと考えていました。しかし素敵なベネチアンガラスを見てテンションがあがった娘。「私も作る!」と言いだしたので、体験させてみることに。結果から言うと4歳児も楽しく体験することができましたKANAEさんが日本語で丁寧に教えてくださるので、初心者でも大丈夫です。

ガラス選び

様々な色味・模様のガラスの中から好きなガラス、使いたいガラスを選びます。

僕はピアスを作ってみました

ハート型は妻の希望。形はあえて不揃いにして、色味はイタリア国旗のトリコローレを意識。何しろベネチアのガラス工房ですから、材料が豊富に揃います。しかも、貴重なガラスも体験用に回してくれているんだとか。ひとつひとつ色味も違うし、中には金太郎飴のように小さなガラスの中に模様が描かれているものも。自分のお気に入りのガラスを探し出す時間はさながら宝探し気分です。

型枠はKANAEさんが準備してくれました。どんな形にしたいかはぜひ希望を伝えてみてください。創作可能なフォルムかどうかは最終的にPINOさんが判断してくれます。探し出したお気に入りのガラスを型枠の中に配置していきます。これがまたパズルのようで楽しい。大小様々なガラスを枠内にピッタリ収まるように置いていきます。

娘は自分用のペンダントを作成

もともとはママのプレゼント作りだったはずなのですが、作っていくうちに愛着が湧いて自分のものにしたくなっちゃったようです(笑)なかなか上手なもんです。空いた隙間には砂状のガラスをかけてみるとまた面白い仕上がりになるんだとか。

色ガラスの上に透明ガラスを置いてみたり。これもまた奥行きが出る技法なんだとか。

本来の名称はムラーノガラス

ベネチアンガラスと呼ぶのは日本人だけらしいです。ムラーノ島のガラスだからムラーノガラス。これがワールドスタンダードだそうです。知らなんだ。

ラルベロへの行き方

画像をクリックするとGoogleMapでラルベロまでの経路が表示されます。

観光名所リアルト橋からも、サン・マルコ広場からも同じくらいの距離にあります。地図で見ると遠く感じますが、実際に歩いてみるとどちらから向かっても迷わなければ10分ほどで行けます。

体験申し込みフォーム

http://alberovenezia.com/bottega/form.html

日本語でやりとりできるのがありがたいです。ムラーノ島に行かなくてもベネチアンガラス体験が楽しめるラルベロ、おすすめです!

NEXT…ベネチアの本屋/LibreriaAcquaAltaへ

ラルベロから歩いて1分くらいのところに、よく『世界の美しい本屋○選』的な記事で紹介されている本屋さんがありました!ラッキー!夜ご飯を食べにいく前にちょっと寄り道しました。。。

4度目のイタリア旅行ブログ

あわせて読みたい
マルペンサエクスプレスの切符の買い方・乗り方とPay&Goコンタクトレスについて。さて、細かすぎる上海トランジットレポートを経て無事にミラノ・マルペンサ空港に降り立ちました。ついに37歳おじさんの"はじめてのおつかい"...
あわせて読みたい
ユーレイルパスの使い方・値段・バリデーション方法・記入例まとめ。今回のイタリア旅行ではミラノ・フィレンツェ・ベネチアの3都市に滞在します。それぞれの都市間は海外旅行者向けのユーレイルパスを利用して、イ...
あわせて読みたい
【イタリア・鉄道の乗り方】時刻表電光掲示板・案内板の見方まとめ。ミラノ・マルペンサ空港からミラノ中央駅までマルペンサエクスプレスで移動。そこでユーレイルパスを無事にアクティベート/ヴァリデーション完了...
あわせて読みたい
ベネチアの本屋・LibreriaAcquaAlta/リブレリアアクアアルタがおしゃれ。ラルベロでベネチアンガラスを体験した後、PINOさん・KANAEさんご夫妻からディナーにおすすめの場所をご紹介いただいたのでその店に向か...
あわせて読みたい
【ベネチアおすすめレストランブログ】アルポッジョ/AL POGGIO。ベネチア1日目の夜ご飯。絶対ハズしたくないじゃないですか。というわけでベネチアンガラス工房ラルベロのPINOさんKANAEさんイチオシの...
あわせて読みたい
ベネチアおすすめレストランブログ・日本語メニューのTAVERNAdeiDOGI。初めてベネチアを訪れたのは新婚旅行の時。ツアーのランチで行ったレストランだから決して高いお店というわけではなかったと思いますが、あの時以...
あわせて読みたい
ベネチアおすすめレストランブログ・anticoDOLO/アンティコドーロ。ベネチア初日の夜ご飯はガラス工房ラルベロのPINOさんKANAEさんご夫妻おすすめのトラットリアアルポッジョ、2日目のランチは地元ガイド...
あわせて読みたい
【ベネチアおすすめジェラート】SUSO/Boutique del gelato/『ベネチアのジェラート屋さん、どこに行ったらいいんだろう』と迷い中のあなたのために、とりあえず今回食べた3店舗は美味しかったのでまとめて...
あわせて読みたい
【ベネチア・ヴァポレット】乗り方やチケット料金/買い方/路線図まとめ。ベネチア2日目。午前中はサン・マルコ寺院やドゥカーレ宮殿へ。ホテルは子連れということでサンタルチア駅から徒歩圏内の場所だったので、サン・...
あわせて読みたい
ベネチア大鐘楼の入場料金・営業時間・所要時間・高さまとめ。ベネチアの観光名所であるサン・マルコ広場にそびえ立つ大鐘楼。上には見晴台があり、100m近い高さから美しいベネチアの街並みを一望すること...
あわせて読みたい
ベネチアのホテル・子連れ家族旅行におすすめの場所は?料金は安い?高い?4歳子連れのベネチア旅。どのエリアのホテルを泊まるかというのもひとつの悩みどころでした。ベネチアに詳しい方に相談したところ『駅に近い方が...
あわせて読みたい
【フィレンツェのおすすめ駅近ホテル】ミネルヴァがおしゃれすぎました...大充実のベネチア2泊を終え、続いて向かったのはイタリア旅行4回中4度目の訪問となるフィレンツェ。フィレンツェと言えばドゥオモやウフィツィ...
あわせて読みたい
【フィレンツェ・アウトレットの行き方】TheMall直行バス乗り方まとめ。フィレンツェにはSPACE PRADA OUTLETと様々なブランドが並ぶThe Mallという2つのアウトレットモールがあります。日本...
あわせて読みたい
【イタリア・フィレンツェ】THE MALLグッチカフェのメニュー・価格まとめ。フィレンツェ・サンタマリアノヴェッラ駅横のバスターミナルから直通バスに乗って約40分。風光明媚な場所にあるアウトレットモール・THE M...
あわせて読みたい
フィレンツェのおすすめレストラン・ZAZAでステーキ&パスタに舌鼓。妻の誕生日はフィレンツェで迎えることとなりました。せっかくの記念日、せっかくのイタリアなので、間違いなく美味しいものが食べたい!というこ...
あわせて読みたい
【フィレンツェ】観光名所を360度カメラで撮影&おすすめスポットまとめ。せっかくフィレンツェに来たのでスタンダードな観光もしておきたいところ。見るだけ観光なら半日もあればある程度は見られるかと思いますが、例え...
あわせて読みたい
【フィレンツェ】ドゥオモ・クーポラのチケット事前予約方法&買い方まとめ。フィレンツェでやり残していることといえば、ドゥオモの円形ドーム・クーポラに登ること。で、結論から書くと今回も登れずに帰ってきてしまいまし...
あわせて読みたい
【フィレンツェ】ドゥオモ観光の所要時間&ジョットの鐘楼に4歳で踏破。ドゥオモ共通券を購入したところで、僕はドゥオモの中に久々入りたくなり行列の最後尾へ。妻と娘は隣りのジョットの鐘楼に登ることに。ながーい列...
あわせて読みたい
ミラノのスタバの場所・営業時間やマグ・タンブラー・限定グッズをチェック!明日の帰国に備え、フィレンツェからミラノに戻ってきました!ミラノ中央駅に到着し、ホテルにチェックインしたのが夕暮れ時。このままご飯を食べ...
あわせて読みたい
【ミラノ中央駅近くのおすすめホテル】アオスタグルッポミニホテルの朝食が素敵。イタリア最終日。上海行きの便が12時40分発なので、遅くとも10時にはミラノ中央駅発のマルペンサエクスプレスに乗らねばなりません。という...