お役立ち情報・イベント開催告知はLINE@で
イタリア・海外旅行話

ベネチアのホテル・子連れ家族旅行におすすめの場所は?料金は安い?高い?

4歳子連れのベネチア旅。

どのエリアのホテルを泊まるかというのもひとつの悩みどころでした。

はる
はる
子連れ&スーツケースを持って街中(リアルト橋周辺・サン・マルコ広場)まで移動するのは大変です。

ベネチアに詳しい方に相談したところ『駅に近い方がいい』とのお答え多し。駅近であれば到着したら荷物をホテルに預けてすぐお出かけできるし、帰りもすぐ列車に乗れます

ということでベネチアの玄関口『サンタルチア駅』に近いホテルで探してみました。。。

ベネチアホテルマップ

主要3エリアを把握する

→エクスペディアでホテル検索

勝手にベネチア主要3エリアとカテゴライズしてしまいましたが、この3エリアを押さえておけば移動経路を考えやすくなります。

ベネチアの玄関口・サンタルチア駅。観光名所でありマップ上のほぼ中心に位置するリアルト橋周辺。そして寺院や鐘楼が建ち並ぶサン・マルコ広場付近の3エリア。

ホテル自体はベネチア全体に点在しているので、様々な条件、観光プランに合わせて選ぶことになります。

子連れならホテルまでは最短距離で

どのエリアのホテルに泊まるにせよそれぞれにメリットはあります。

個人的にはサン・マルコ広場近くのホテルに泊まってサン・マルコ寺院やサン・マルコ広場の朝の顔、夜の顔をゆっくり楽しんでみたいですし、リアルト橋エリアのホテルであればベネチア中心地なので全方位に向けて観光しやすくなります。

ただしどちらもベネチア到着時に駅から徒歩、もしくはヴァポレットでの移動が必要になります。もしくは6〜70ユーロ払って水上タクシーに乗るか。

長距離移動で疲れた子どもは歩いてくれないかもしれません。スヤスヤ寝てるかもしれません。そんな子どもを背負った状態で大きなスーツケースを持ってヴァポレットに乗るのは一苦労です。

リアルト橋サン・マルコ広場エリアのホテルに宿泊する場合、サンタルチア駅前から逆S字に進むヴァポレットに乗って移動することになります。席が空いていればいいですが、混雑時に重なると大変です。

→ベネチアのホテルを検索

というわけで、

はる
はる
子連れ旅であればサンタルチア駅近くのホテルにするのが正解です。

サンタルチア駅

ベネチア到着後すぐにチェックインしてもいいし、チェックイン時間前でもスーツケースを預かってもらえます。すぐに身軽な観光モードになれるのは最大のメリットだと感じました。

ベネチアの宿泊料金は安い?高い?

安いところは1万円台から

→エクスペディアでホテル検索

予約時期、予約サイトへのアクセスタイミングにもよりますが、やはり早めにチェックしておいたほうがたくさんのホテルの中から選ぶことができます。

エクスペディアでサンタルチア駅周辺のホテルの金額を調べてみました。価格帯はピンキリです。大人2名+子供1名の一室料金は安いところでは1泊1万円台からありました。安かろう悪かろうばかりではなかったりするのでサイトの写真やレビューなどを元に絞り込みましょう。

はる
はる
半月先の検索だと予約可能なホテルの方が少ない状況です。

実際、サンタルチア駅近くで助かりました

このあと紹介しますが、今回は駅から徒歩3分ほどのところにあるヴェニスタイムズホテルに宿泊しました。

案の定到着時はお疲れモードのわが娘。即チェックインできたので一息入れることができました。帰りもチェックアウト後、すぐ駅に到着、即列車へ。時間のロスもありません。

はる
はる
列車移動なら子連れでなくてもサンタルチア駅近くのホテルはおすすめです。

ヴェニスタイムズホテルに宿泊

ベネチアは車が走らないのでホテル前にロータリーなどがありません。看板がさがっているだけなので気付かず通り過ぎちゃいそうになります。

外から見ると建物は連続していて、ホテルの正面デザインだけで隣りと差別化している感じでした。

このホテルに限らず、外観と室内写真のイメージが一致しないことがあるのもベネチアあるあるかもしれません。

サンタルチア駅に近い

→GoogleMap/ヴェニスタイムズホテル

駅から徒歩3分全力疾走なら1分以内に行ける距離です。近いしわかりやすい場所にあります。

飛行機、列車の長距離移動で疲れた子供がいることを考えると、到着後はまずチェックインしたいところ。その点でベニスタイムズホテルは最高の立地と言えます。

真新しい客室

部屋には果物が置いてありました。食べてよかったのかな。手を付けずに帰ってきてしまいました^^;

ベッドまわり

子ども用のベッドも用意されてましたが、3人川の字でゆっくり眠れました。

清潔感あるシャワールーム

シャワーはお湯もすぐ出てきましたし、快適に使えるシャワールームでした。トイレの便座は日本のものより若干高めなので、わが家の4歳児は抱き上げて座らせてあげる必要がありました。そんなさりげない非日常。

トイレの横のビデ

イタリアではトイレの横にビデがあります。イタリア人はここで顔以外の様々なものを洗うそうです。足だけ洗ったり、下半身のデリケートな部分を洗ったり、靴を洗ってみたり、ペットを洗ったり。ということで気になる方はぜひ使ってみてください。僕は一回も使ったことはありませんが。

ビデの上にさがっているタオルはビデ用のタオルです。清潔なものが置かれているかとは思いますが、僕はこれで顔は拭きません ^^;

強力なドライヤー&スマートフォン

ハイパワーなドライヤーあり

海外旅行時のドライヤー問題。日本からドライヤーを持参する人もいるかと思いますが、ベニスタイムズホテルには部屋に強力なドライヤーが置いてありました。ロングヘアーの方も安心です。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥10,403
(2019/06/20 18:34:05時点 Amazon調べ-詳細)

自由に使えるスマートフォンあり

タダで使えるスマホも置いてありました。滞在中は自由に使えるそうです。街中でもネットに繋がるし電話もできるとのことで、現地でのネット環境準備ができなかった人にはありがたいサービスと言えます。

僕はiPhoneX&SIM2Flyでネット体制は盤石だったため使う機会はありませんでしたが、この部屋に置いてある機種はGalaxyでしたしそこそこ快適に使えるのではないでしょうか。

ただし、壊しちゃったり失くしちゃったりすると当然それなりの修理保証費用がかかるので使う場合は細心の注意が必要です。

ヴェニスタイムズホテルの朝食

室内

ベネチアの風景写真が壁一面に飾られています。アーティスティックな空間にテンション上がります。

テラス席

天気がよければテラス席で朝食を取ることもできます。

朝食メニュー

僕の朝食

各テーブルにあらかじめジャムが置いてあるんです。だからついつい贅沢使いしちゃうんです。で、おかわりしちゃうんです。朝から食べ過ぎちゃうんです。要注意。

ハムとサラミがあれば充分。栄養が偏りがちな旅先での食事。野菜や果物もあるので、朝食でバランスを取りたいところです。

朝の散歩/スカルツィ橋

スカルツィ橋からの景色

朝7時頃。サンタルチア駅とヴァポレット。9月のベネチアは日中は暑いですが朝晩はひんやり。

ちょうど朝日が昇るところを見ることができました。

はる
はる
ベニスタイムズホテルは大満足のホテルでした!

NEXT…フィレンツェへ

次はフィレンツェに向かいます。

2度目の宿泊となるホテルミネルヴァ。2年前に泊まった時は改装中でしたが、改装後のホテルは高級感に満ち満ちたすんごいホテルに生まれ変わっていました!

https://harulog.jp/31371.html

4度目のイタリア旅行ブログ

あわせて読みたい
マルペンサエクスプレスの切符の買い方・乗り方とPay&Goコンタクトレスについて。 4度目のイタリア旅行も再び『ミラノ・マルペンサ空港』に舞い降りました。 ここから北イタリアの交通の要所『ミラノ中央駅』に移...
あわせて読みたい
【ユーレイルパスの書き方&使い方】指定券の買い方とバリデーション方法まとめ。今回のイタリア旅行ではミラノ・フィレンツェ・ベネチアの3都市に滞在します。 都市間移動は海外旅行者向けのユーレイルパス&イ...
あわせて読みたい
【イタリア・鉄道の乗り方】時刻表電光掲示板・案内板の見方まとめ。ミラノ・マルペンサ空港からミラノ中央駅までマルペンサエクスプレスで移動。 そこでユーレイルパスを無事にアクティベート/ヴァリデーション...
あわせて読みたい
【ベネチアンガラス体験×ラルベロ】アクセサリーづくりが楽しすぎた話。Venezia。 カタカナで書くとベネチア、ヴェネチア、ヴェネツィアなどなど様々な書き方がありますが、ヴェネツィアと書くとなんかかぶれ...
あわせて読みたい
ベネチアの本屋・LibreriaAcquaAlta/リブレリアアクアアルタがおしゃれ。ラルベロでベネチアンガラスを体験した後、PINOさん・KANAEさんご夫妻からディナーにおすすめの場所をご紹介いただいたのでその店に向か...
あわせて読みたい
【ベネチアおすすめレストランブログ】アルポッジョ/AL POGGIO。ベネチア1日目の夜ご飯。 せっかくの旅ご飯は絶対ハズしたくないじゃないですか。というわけでベネチアンガラス工房ラルベロ・PINOさ...
あわせて読みたい
ベネチアおすすめレストランブログ・日本語メニューのTAVERNAdeiDOGI。初めてベネチアを訪れたのは新婚旅行の時。 ツアーのランチで行ったレストランだから決して高いお店というわけではなかったと思いますが、...
あわせて読みたい
【ベネチアおすすめレストランブログ】anticoDOLO/アンティコドーロ。ベネチア初日の夜ご飯はトラットリアアルポッジョ、2日目のランチは地元ガイドさんおすすめのTAVERNA dei DOGIに行き、納得のイ...
あわせて読みたい
【ベネチアおすすめジェラート】SUSO/Boutique del gelato/ベネチアおすすめのジェラート屋さんを検索中のあなたのために、今回食べた中で特においしかった店をまとめておきます。 SU...
あわせて読みたい
【ベネチア・ヴァポレット】乗り方やチケット料金/買い方/路線図まとめ。 ヴェネチアは車が走れない街です。 移動手段は徒歩か船。 船は料金高めの水上タクシーと料金抑え目のヴァポレット(水上バ...
あわせて読みたい
ベネチア大鐘楼の入場料金・営業時間・所要時間・高さまとめ。サン・マルコ広場にそびえ立つ『大鐘楼』 上には見晴台があり、100m近い高さから美しいベネチアの街並みを一望することができます。 ...
あわせて読みたい
【フィレンツェ・アウトレットの行き方】TheMall直行バスの乗り方とおすすめカフェ情報まとめ。フィレンツェにはSPACE PRADA OUTLETと様々なブランドが並ぶThe Mallという2つのアウトレットモールがあります。 ...
https://harulog.jp/31550.html
あわせて読みたい
【フィレンツェおすすめレストラン】トラットリア・ザザでステーキ&パスタに舌鼓。妻の誕生日はフィレンツェで迎えることとなりました。 せっかくの記念日です。 せっかくのイタリアですし"まちがいないグルメ"を...
https://harulog.jp/31575.html
あわせて読みたい
【フィレンツェ】ドゥオモ・クーポラのチケット事前予約方法&買い方まとめ。 フィレンツェでやり残していることといえばドゥオモの円形ドーム『クーポラ』に登ること。 で、結論から書くと今回も登れずに帰っ...
あわせて読みたい
【フィレンツェ】ドゥオモ観光の所要時間&大聖堂の服装入場マナーまとめ。 花の都・フィレンツェの顔とも言えるのが『サンタマリアデルフィオーレ大聖堂』ではないでしょうか。 世界4位の大きさを誇る大聖...
あわせて読みたい
ミラノのスタバの場所・営業時間やマグ・タンブラー・限定グッズをチェック! なんということでしょう! イタリア旅行中にイタリア1号店(2018年9月7日オープン)となるミラノの『スターバックスリザー...
あわせて読みたい
【ミラノ中央駅近くのおすすめホテル】アオスタグルッポミニホテルの朝食が素敵。とうとうイタリア最終日。 上海行きの便が12時40分発なので遅くとも10時にはミラノ中央駅発のマルペンサエクスプレスに乗らねばなり...

イタリア旅行まとめブログ

あわせて読みたい
【イタリア旅行ブログ】おすすめの観光名所・必需品・注意点まとめ。シーズン4追記 31歳まで海外未経験だった僕ですが、気がつけばイタリア渡航歴4度。 海外旅行への興味は皆無だったのにまさかこれほどまでにイ...

POSTED COMMENT

  1. […] 最初に訪れたベネチアのホテルにモバイルバッテリーを忘れるというデジタルタレントとしてあるまじき失態もあり、旅の大半を節電モードで過ごすことになってしまいました。 […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です