Apple|iPhone・iPad・AirPods・Mac・アプリ

自分用LINEスタンプの作り方|透過画像をProcreateで作る方法

自作LINEスタンプをより高い完成度に導くために避けて通れないのが画像の透過作業です。

そして透過画像を作成する時に難しいのが、

画像の”残したい部分”と”消したい部分”の境界線を的確に引くこと

ではないでしょうか。

僕はiPad miniApple Pencilを使っています。

そこに、

Procreate|プロクリエイト

というアプリを組み合わせることで透過画像をスムーズに作れることがわかりました。

今回は、

  1. Procreate(描画アプリ)
  2. iPad
  3. Apple Pencil

を使って透過画像を作る方法をまとめます。

おそらくLINEスタンプを自作する人はクリエイティブな作業が好きな人だと思います。

であればiPad+ApplePencil最高のおもちゃになること間違いなしなので、所有されておくことをオススメします!

はる
はる
便利なアイテムを有効活用して納得&満足のLINEスタンプを完成させましょう!

⇧詳細は画像をクリック⇧

オンラインLINEスタンプの作り方講座も開催中です。90分のレッスンの中でスタンプ作成から販売申請までのやり方をレクチャーします。

今すぐ作れるようになりたい方はぜひご参加ください。

  • スタンプデータの作り方
  • コメント・セリフを選ぶコツ
  • 作成時の注意点
  • 申請から販売のプロセス
  • 副業としての可能性
  • 応用テクニック紹介

▶︎LINEスタンプの作り方オンライン講座詳細

はる
はる
オンライン講座もやっておりますので、聞きながらやってみたい方はぜひお問い合わせください!

もくじ

LINEスタンプメーカーの限界

FullSizeRender-6

前回スタンプを自作した時はLINEスタンプメーカー切り抜き機能でギリギリまで削ってました。

緑のドットを指先で動かして切り抜き位置を決めるわけですが、指先での操作ではどうしても思い通りにならないところもありました。

輪郭すれすれに緑のドットを綺麗に並べるのはほぼ不可能です。

しかし不可能を可能にしなくては納得の透過画像を作り出すことはできません。

そんな時に出会ったのが『Procreate』というドローイングアプリ

このアプリを使うと背景透過編集が超カンタンにできるんです!

はる
はる
今回はこの『透けさせる技術』をマスターしましょう!

LINEの公式アプリでも不可能ではない

LINEスタンプメーカーでも、ギリギリまで切り抜ける機能は備わっています。消しゴムツールを使えば被写体をハッキリくっきりトリミングできますが、指先による地道な作業を強いられることになります。快適に作業したいのであればやはりタブレット&ペンがイチオシです。

縁取り&透過は
Procreateが最適!

iPad向けProcreate

02D0685F-D445-4379-86D5-2F7DEB49F164

iPad用Procreate

iPhone向けProcreate

IMG_8427

Procreate Pocket

はる
はる
背景透過スタンプを作るにあたり、まずはProcreateをダウンロードします。有料アプリなだけあって機能豊富です!

Procreate取説動画

イメージを掴んでいただけるように切り抜き方を動画にまとめました。

はる
はる
ここからはやり方をひとつずつ解説していきます!

Procreateの使い方

新規キャンバスを用意する

96B299EC-8581-48AD-BCA6-B7AB2B24E909
  1. Procreateを起動
  2. 画面右上の「+」マークをタップ
  3. お好みのキャンバスサイズを選ぶ
  4. キャンバス準備完了
はる
はる
今回はLINEスタンプ用なのでスクエア(正方形)をチョイスしました。

新規キャンバスに
写真を挿入する

画像挿入方法

A93782E1-E845-497D-B6F8-147BB35C5A95
  1. 設定ボタンをタップ
  2. イメージをタップ
  3. 写真を挿入をタップ
  4. 写真アプリから写真・画像を選ぶ
  5. 新規キャンバスに画像挿入完了
6F38B577-0236-4FE9-A404-438B94A6FE34
はる
はる
これでキャンバスへの画像挿入が完了しました。

レイヤー操作で
背景色を消す方法

透過画像化の下準備

  1. 右上の紙が重なった「レイヤーマーク」をタップ
  2. 背景色のチェックを外す
  3. 背景色が白から非表示状態に
はる
はる
チェックを外すと背景の白地が消えて、取り込んだ画像のみの状態になります。

透過させたい部分を
消しゴムで消す

E2FE7E9C-A663-40CF-A2F9-5085D3D1D9F6
  1. 消しゴムマークをタップする
  2. 消しゴムを選択
はる
はる
ガサッと消せるものもあれば、優しく消せるものもあります。消すというより、消しながらも描いているような不思議な感覚が楽しめます。

ペイント▶︎ニッコラル

大胆に消したい時におすすめ

  1. 消しゴムをタップ
  2. ペイントをタップ
  3. ニッコラルを選択
  4. ペン先の太さを調節
  5. ペン先の濃淡を調節
  6. 消していく

ニッコラルにしてペン先を太くすると広範囲をガバーっと消すことができます。消したところがそのまんま透過部分になります。この調子で不要部分は大胆に消していきます。

はる
はる
ある程度、形が整ったところで消しゴムの種類を変えてみます。

ブラシの太さ・濃淡を調整する方法

  1. 画面左端のスライダーを操作
  2. 上のスライダーで太さ調節
  3. 下のスライダーで濃淡調節
はる
はる
「消えすぎるなー、もうちょっと緩やかに消えてほしいなー」というときはブラシの濃淡で調節します。

アーティスティック
▶︎フレスコ画

ぼかしながら消す時におすすめ

  1. 消しゴムをタップ
  2. アーティスティックをタップ
  3. フレスコ画を選択
  4. ペン先の太さを調節
  5. ペン先の濃淡を調節
  6. 消していく
はる
はる
絵の境界線をボカしたいので、ぼんやりと消すことができるアーティスティックのフレスコ画に変更。縁をなぞると境界部分がグラデーションっぽくなります。

レイヤーを追加して
文字を書く

レイヤー追加から書くまで

  1. レイヤーボタンをタップ
  2. “+”をタップしてレイヤーを追加
  3. ブラシボタンをタップしてペン先を選択
  4. 書く

続いて文字を書いてみます。

この時に絵が描かれているのレイヤー1に書かないようにしましょう。

レイヤー追加操作をしてレイヤー1の上に透明のレイヤー2を重ねました。ここに文字を書いていきます。

後述しますが、レイヤーを使い分けると絵に干渉しない形で書いたり消したりできるようになります。

はる
はる
書いてみました。テキストツールはないので文字を入れたい場合は”直筆”もしくは他のアプリを使ってテキスト入力することになります。

▶︎文字入れテクニックまとめ
▶︎文字入れ上級テクニックまとめ

レイヤーを使いこなす

260C8936-5881-4984-8D89-4B94490797BB

レイヤーの表示非表示切替も自在

  1. レイヤーをタップ
  2. “+”をタップしてレイヤーを追加
  3. レイヤーのチェックを外して非表示に
  4. レイヤーにチェックを入れて表示
  5. 切り替えながらバランスを調節
はる
はる
しっくりこなかったり、ちょっと違うかなーと思った時はまたレイヤーを追加してみましょう。レイヤーの表示非表示は自由自在なので複数のレイヤーを作成して見比べるといったこともできますよ!

イラストが完成しました!

6007EF7A-F9F7-44C5-B4D5-B28FFE9174ED

元々は四角のJPEGデータでしたが、消したり書いたりしながら、背景のない絵と文字だけのイラストが出来上がりました!

はる
はる
とにかくProcreateの自由度の高さに驚かされます!

PNGデータとして書き出そう!

拡張子はpngで

背景透過データとして書き出す方法

  1. 設定ボタンをタップ
  2. 共有ボタンをタップ
  3. PNGをタップ
  4. 画像を保存をタップ
  5. 写真フォルダに書き出し完了
はる
はる
さながら白目に見えるアフロディーテが優しく『見ていますよ』っていうギャップ萌えスタンプの完成です^^

JPEGではなくPNGで

PNGとして書き出しましょう。JPEGなどにすると結局背景ありのイラストになってしまいます。

LINEスタンプメーカーで
登録&販売しよう!

LINEスタンプ公式アプリ

IMG_8425

作ったイラストを今度はLINEスタンプ作成アプリに追加しなくてはなりません。

スタンプの作成販売申請が行えるアプリです。

販売申請までの手順一覧

1.アプリ起動から画像追加まで

  1. LINEクリエイターズスタジオ起動
  2. 画面上部の”+スタンプを作ろう”をタップ
  3. 40字以内でタイトルを入力
  4. 画面下の+をタップして画像追加
  5. 画像追加方法を選択
はる
はる
タイトルは、ググられそうなタイトル、同じ趣味の人が検索しそうなワードを使うと、スタンプを見つけてもらえる可能性がアップしますよ!

画像追加・作成方法は3種類

  • 手書(描)き
  • 写真・画像
  • カメラ撮影

手描き

スタンプデータは3つの方法で用意することができます。手書(描)きを使えば、簡単なイラストを即席で描くことができます。スタンダードなフォントに限られますが、テキスト入力することもできます。

カメラ撮影

カメラ撮影を使えば、”今”撮った写真をもとにして、スタンプを作ることができます。

写真・画像

写真フォルダにある写真や画像を元にスタンプを作成します。

はる
はる
今回はProcreateでデータを作ったので、画像データをタップ。

読み込んだ画像を編集

画像修正・最終確認

  1. 今回は編集不要のデータなので右上のスキップをタップ
  2. シミュレータをタップ
  3. 画像に問題がなければ右上の保存をタップ
はる
はる
コレで透過画像の作成から登録までが完了しました!あとは規定数を作成して販売申請・承認を目指しましょう!

※画面下部にある「なぞる・かたち・消しゴム」などのツールを使って編集することもできますが、今回はProcreateで完成させたデータを読み込んでいるのでスキップしました。

シミュレータ画面

9DB6DDC5-47B4-4E1A-8D1B-BEDDFE3A8A2E
はる
はる
LINEで実際に使われた場合はこのように表示されることになります。文字と絵以外のスペースはちゃんと透過されていました。感動♡

Procreate

iPad

ApplePencilは神

はる
はる
最少8個で販売申請できます!

▶︎販売申請方法などをまとめた記事はこちら
▶︎リジェクトされた場合の対応方法はこちら

難しく感じるかもしれませんが1度覚えたらあとは繰り返すだけです。

やはりiPad+ApplePencilで描く作業は楽しいです。

今はApplePenciliPadProだけのものではなくなりました。低価格帯のiPadでもApplePencilを使ってのお絵かきが楽しめます。

Procreateも最高のお絵かき帳になります。

楽しすぎるオモチャを駆使してぜひLINEスタンプ作りにチャレンジしてみてくださいね!

▶︎文字入れテクニックまとめ
▶︎文字入れ上級テクニックまとめ

オリジナルLINEスタンプの作り方|オンライン講座・レッスン内容一覧 レッスン内容 写真や画像の切り抜き方 画像の透過方法 オシャレな画像にするテクニック 使える・使われ...

サイズ・スペックが優秀すぎる
iPad mini5

▶︎iPadminiのスペックと価格一覧
▶︎iPadminiに装着したい本革ケースレビュー

ApplePencil第一世代

▶︎ApplePencilの格を上げるキャップレビュー

ハル作スタンプ販売中です♡

イタリア・ルネサンス期 feat. 博多弁

▶︎LINEスタンプショップ

はる
はる
よろしくお願いします♡

【LINEスタンプ自作講座】アプリの使い方まとめ&受注生産始めます!|harulog へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください