スマホプラン・料金・機種情報

2021年最新|デュアルSIM・eSIM最強最安の組み合わせは?

はる
はる
こんにちは、スマホコンシェルジュのハルです。

さて、2021年はスマホ料金大変革の年になりそうですが、安く快適な通信環境を整える上で覚えておきたいのが、

  • デュアルSIM
  • eSIM

の使い方です。

デュアルSIMはスマートフォン1台で2つのSIMが使える機能のこと。

eSIMはスマホ本体に内蔵された一体型SIMのことで、SIMカードの到着を待たずに即日オンライン開通できるといったメリットがあります。

今ではほとんどのスマートフォンがデュアルSIM仕様になっています。

デュアルSIM・eSIMをうまく使えば、

  • 2つの通信キャリアを使える
  • 2キャリアの電波を掴める
  • 2つの電話番号を持てる
  • 安いプランの組み合わせでお得に使える

といったメリットが生まれます。

今年はahamopovoLINEMOがオンライン専用で格安の20GBプランをスタートさせることで“デュアルSIM運用してみようかな”と考えている人も少なくないはず。

そこで、現時点でベストだと考えられる『デュアルSIM最強の組み合わせ』をズバリ大公開します!

▶︎あとで読みたい|iPhoneを機種変更する前にやるべきLINE・Suica・iCloud設定まとめ

はる
はる
スマホプランの選び方について解説しています。これから新規契約・MNPする予定がある方はぜひご覧ください!

スマホプランの選び方

スマホキャリア料金プランを選ぶ時には、

  • 自分に合った回線エリア
  • キャリア・プランに求める条件

を明確にします。

まず、ドコモ回線au回線ソフトバンク回線のどこがいいのかを決めた上で、

  1. キャリアショップの有無
  2. データ上限の有無
  3. 料金の希望価格帯

の希望条件を当てはめてみましょう。

要ショップ&データ無制限で…
要ショップ&料金を抑えたくて…
ショップ不要&安さ重視で…
  • ドコモ回線がいい人▶︎ahamo
  • au回線がいい人▶︎povo
  • ソフトバンク回線がいい人▶︎LINEMO
はる
はる
ここに楽天モバイルを加えて掘り下げていきます。

ahamoかpovoかLINEMOか…

正直、ahamo・povo・LINEMOに関してはどれを選んでもOKです。

料金プランの金額・内容に若干の違いはあるものの、

  1. データは20GB/月
  2. 料金差は5分通話定額の有無
  3. 概ね月額3000円前後
  4. 手続きはオンラインのみ

といった大まかな部分は共通しています。

選び方としては、

  • ドコモ回線がよければahamo
  • au回線がよければpovo
  • ソフトバンク回線がよければLINEMO
  • 5分通話定額込みで安いのはahamo
  • 5分通話定額オプションが不要ならpovoLINEMO
  • 5分通話定額オプションが1年間無料のLINEMO
  • LINEデータフリーのLINEMO
  • 24時間使い放題トッピング(220円)があるpovo
  • 海外旅行時に対応国が多いのはahamo
  • dカードユーザーならahamo
  • PayPayユーザーならLINEMO

といった点が選択の分かれ道です。

デュアルSIMではなく単体で契約するならば、安心のドコモ回線5分通話定額込み月額2970円(税込)ahamoが最有力候補です。

\5分通話定額込みで2970円!/

ahamoオンラインサイト

楽天モバイルの
副回線としての魅力

メイン回線の料金プランを、

  • ahamo
  • povo
  • LINEMO

にしたと仮定します。

当たり前の話ですが上記キャリアのプランは全て有料なので、使った月も使わなかった月も料金が発生します。

ところが、楽天モバイルデータ1GB以内の月は料金が発生しないので、楽天モバイルを使わない限りはもうひとつのキャリアの料金しかかからないということになります。

とはいえ、楽天モバイルの回線エリアにまだまだ不安があるのも事実。

※人口カバー率が73.5%(2021年1月時点・夏までに96%・2023年には100%のエリアカバーを実現予定)

であれば、料金を抑えつつエリアのデメリットも解消できる、

  • メイン回線+楽天モバイル

デュアルSIM体制ベストな選択肢ということになります。

\データ1GB以内ならタダ!/

楽天モバイルオンラインショップ

はる
はる
1年無料期間を過ぎても1GB以内であれば月額無料で維持できます。

新料金プラン:Rakuten UN-LIMIT Ⅵ

  • データ1GBまではタダ
  • 1GB〜3GBまでは月額980円(税込1078円)
  • 3GB〜20GBまでは月額1980円(税込2178円)
  • 20GB以上は無制限で月額2980円(税込3278円)
  • RakutenLinkアプリで国内通話かけ放題
  • オンライン+店舗受付
  • 1年無料キャンペーンは4月7日で終了
  • 現行プランは4月1日に自動アップグレード

僕ならこうする

楽天モバイル+LINEMO

  • 楽天モバイル+LINEMO
  • 月額2480円〜(税込2728円〜)
  • 楽天モバイルエリアとソフトバンクエリアに対応
  • LINEはデータフリー
  • ソフトバンクまとめて支払いに対応(4月中旬以降)
  • 通話はRakutenLinkでかけ放題
  • データはLINEMO20GB+楽天モバイル無制限

楽天モバイルは主に通話利用で、データ通信はLINEMOの20GBを使い切った時のための予備として考えます。

データに関してはLINEMOをメインに使います。

LINEMOの魅力は格安でありながらソフトバンクと同レベルの通信品質が約束されているところ。

さらにソフトバンクワイモバイルと同様にPayPayチャージ分をスマホ料金とまとめて支払えるようになるので、QRコード決済利用者が最も多いPayPayユーザー的には最もメリットがある格安ブランドということになります。

LINEMOLINEデータフリーに加え、5分通話定額オプションが1年間無料になります。

楽天モバイル0円で通話し放題なので、料金的にも通話環境的にもデュアルSIM体制で利用するのであればLINEMOとの組み合わせがメリット大です。

もちろんLINEMOのデータ使用量が20GB以内に収まり続ける限りは楽天モバイルのデータを使うことはないので、2つのキャリアを月額2480円(税込2728円)で使い続けることができます。

楽天モバイルLINEMO

楽天モバイル+LINEMOの料金は?

  • LINEMOのデータ20GB以内:月額2480円(税込2728円)
  • LINEMO+楽天モバイル1GB以内:月額2480円(税込2728円)
  • LINEMO+楽天モバイル3GB以内:月額3460円(税込3806円)
  • LINEMO+楽天モバイル20GB以内:月額4460円(税込4906円)
  • LINEMO+楽天モバイル20GB以上:月額5460円(税込6006円)

楽天モバイル+povo

  • 楽天モバイル+povo
  • 月額2480円〜(税込2728円〜)
  • 楽天モバイルエリアとauエリアに対応
  • 通話はRakutenLinkでかけ放題
  • データはpovo20GB+楽天モバイル無制限

楽天モバイルは主に通話利用で、データ通信はpovoの20GBを使い切った時のための予備として考えます。

データに関してはpovoをメインに使います。

povoの魅力は通話オプションを省いたことでahamo・ソフトバンク on LINEより500円安を実現したところ。

povoの20GB以内に収まり続ける限りは楽天モバイルのデータを使うことはないので、2つのキャリアを月額2480円(税込2728円)で使い続けることができます。

楽天モバイルpovo|ポヴォ

楽天モバイル+povoの料金は?

  • povoのデータ20GB以内:月額2480円(税込2728円)
  • povo+楽天モバイル1GB以内:月額2480円(税込2728円)
  • povo+楽天モバイル3GB以内:月額3460円(税込3806円)
  • povo+楽天モバイル20GB以内:月額4460円(税込4906円)
  • povo+楽天モバイル20GB以上:月額5460円(税込6006円)

楽天モバイル+ahamo

  • 楽天モバイル+ahamo
  • 月額2980円〜(税込3278円〜)
  • 楽天モバイルエリアとドコモエリアに対応
  • 通話はRakutenLinkでかけ放題
  • データはahamo20GB+楽天モバイル無制限

楽天モバイルは主に通話利用で、データ通信はahamoの20GBを使い切った時のための予備として考えます。

データに関してはahamoをメインに使います。

ahamoの魅力は安定のドコモ回線を格安で利用できるところ。格安には不安があったけどドコモのahamoだから乗り換えようと思っているという人は多いはず。

でもahamoのプランでは5分通話定額が付帯しているものの通話し放題にするためには+1000円のオプション料が必要になります。

それが楽天モバイルなら0円で通話し放題にできるので、やはりデュアルSIM体制で利用する金額的なメリットは大いにあります。

そしてahamoのデータ使用量が20GB以内に収まり続ける限りは楽天モバイルのデータを使うことはないので、2つのキャリアを月額2700円(税込2970円)で使い続けることができます。

はる
はる
ahamoの料金をdカードGOLDで支払うとデータ+5GB/月!(※2021年9月提供予定)dカード・dカードGOLDがお得です!

楽天モバイルahamo|アハモ

※ahamoはキャリアメール非対応
※オンライン専用プランです
※店頭でも有償で申し込みサポートを受けることができます

楽天モバイル+ahamoの料金は?

  • ahamoのデータ20GB以内:月額2700円(税込2970円)
  • ahamo+楽天モバイル1GB以内:月額2700円(税込2970円)
  • ahamo+楽天モバイル3GB以内:月額3680円(税込4048円)
  • ahamo+楽天モバイル20GB以内:月額4680円(税込5148円)
  • ahamo+楽天モバイル20GB以上:月額5680円(税込6248円)

楽天モバイルは
運勢を気にする人向け

携帯番号下4桁を選べる!

契約時にのみ+1000円かかりますが、オプションで電話番号の下4桁が選べます!

上4桁も複数候補の中から選べるので、全体的に自分好みの番号を持つことができます。

メインのスマホ番号が凶数字だけど変えられないという人にとっては、使わない限りは0円で持てる楽天モバイル吉数字の番号を持つというのもアリな話ではないでしょうか。

\好きな番号を選びたい人向け!/

楽天モバイルオンラインショップ

占い師シウマ|携帯番号・車のナンバーにおすすめの吉凶数字一覧&スマホ番号変更方法突然ですが占ってもいいですか?で携帯番号を参考にバシバシLOCK-ONを量産する占い師・シウマ先生がおすすめする携帯番号・暗証番号・車のナンバーの合計数字をまとめました。吉数字でもそれぞれに意味は変わってきます。ちなみに楽天モバイルなら好きな下4桁を選ぶことも可能です。いざ、開運!...

▶︎占い師シウマさんおすすめの携帯番号・車のナンバーにおすすめの吉凶数字一覧

デュアルSIMスマホの準備を!

デュアルSIM・eSIMの使い方

iPhone+デュアルSIMの使い方|eSIM設定・切り替え方法は?最新iPhoneはデュアルSIM仕様で、ahamo・povo・ソフトバンク on LINEなどが続々とeSIMに対応。楽天モバイルも1GBが0円になるプランを発表し、スマホ1台で2つの電話番号が格安で利用できるようになります。便利なデュアルSIM・eSIMの使い方を解説します。...

僕はiPhone12miniで使用中

iPhone12mini開封レビュー|サイズ・バッテリー持ち・色の意味をチェックついに登場した手のひらサイズコンパクトハイエンドスマートフォン『iPhone12mini』の予約・発売日、スペック、使用感などをレビューします!5色のカラーバリエーションそれぞれが持つ意味なども調べてみました。iPhone12mini選びの参考になれば幸いです!...
はる
はる
僕はiPhone12miniでデュアルSIM利用中ですが、バッテリーもちゃんと持ちますよ!

iPhoneはeSIM対応

最新のiPhoneにはeSIMが搭載されていますが、もしあなたのスマホがiPhoneX、iPhone8以前のものであればデュアルSIMには対応していません。

iPhoneXS・iPhone11シリーズ・iPhone12シリーズ・iPhoneSE(第2世代)などのデュアルSIM対応iPhoneを準備しましょう。

Androidスマホの場合はSIMカード2枚挿しのものも多く見られますが、SIMを2枚挿すとmicroSDカードが使えない場合があります。

microSDカードを利用中の方はデュアルSIM化する前に、SDカードなしでストレージが足りるのかなども確認しておきましょう。

要SIMフリースマホ・SIMロック解除端末

キャリアから購入したスマートフォンにはSIMロックがかかっているため、そのままでは他社のSIMを使うことはできません。

デュアルSIM化したい場合はSIMロック解除をお忘れなく!

はる
はる
快適・最安なデュアルSIMライフをお楽しみください!

楽天モバイルはnanoSIMかeSIMを選択可能

申し込み時にSIMカードタイプを選択できます。デフォルトではnanoSIMになっていますが、eSIMで申し込むこともできます。eSIMはメールで送られてくるQRコードを読み取るだけで開通できるため、すぐに使えるようになります。解約後にSIMカードを返送する必要もないため、eSIM対応スマホ(iPhone他)をお持ちであればコチラを選びたいところです。

ahamo・LINEMO・povo・楽天プラン比較|デメリット・注意点は?ahamo(アハモ)・LINEMO(ラインモ)・povo(ポヴォ)・楽天モバイルの20GBプランの価格・内容などプラン比較した上で、どこがおすすめなのかを解説します。キャリアメールや留守番電話に対応しないなどのデメリットもあるので、契約・MNP前に注意点を押さえておきましょう!...
povo(ポヴォ)料金プランのメリット・デメリット|eSIMにも対応!KDDIのau回線を利用した格安新プラン『povo(ポヴォ)』の料金・メリット・デメリットをドコモのahamoやソフトバンク on LINEと比較していきます。金額はほぼ横並びですが、povoにはトッピングがあり、プランを作る楽しさがありそう。詳しく解説していきます。...

iPhoneを機種変更する前にやることまとめ

iPhoneの機種変更時にやることまとめ|LINE・Suica・iCloudデータ移行方法iPhoneの機種変更時期に毎回ソワソワするのがデータ移行ではないでしょうか。iCloudバックアップ、Suica、LINEのトーク履歴、eSIM再発行など、機種変更前に準備しておくこと、データ移行後にやるべきことをまとめました。安心・安全な機種変更ができるよう、しっかり押さえておきましょう!...

▶︎あとで読みたい|iPhoneを機種変更する前にやるべきLINE・Suica・iCloud設定まとめ

容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください