家電・デジタルの話

【Osmo Pocketアクセサリーの価格と種類まとめ】充電ケースが素敵すぎ。

ポケットサイズの超小型ジンバル・OsmoPocketをさらに便利なものにしてくれるのが充実した公式アクセサリーアイテム。ギミック的にも気になるのが充電ケース。意外にクイックリリースベースがなんだか使い勝手がありそうな予感。。。

created by Rinker
DJI
¥44,895
(2018/12/11 07:24:31時点 Amazon調べ-詳細)

充電ケース

未発売

充電ケースはmicroSDカード2枚/NDフィルター4枚/スマートフォンコネクター2個の収納スペースを備え、Osmo Pocketを充電できます。

OsmoPocketの中で一番所有欲を掻き立てられるのがこの充電ケース。本体をしっかり保護できて、ケースに入れたまま充電することも可能。そしてケースの開き方に萌えます。ゆうこすが早くもレビューしてました。

ワイヤレスモジュール

7600円

Osmo Pocketとスマートフォン間を、BluetoothもしくはWi-Fiで接続し、シームレスな遠隔操作と伝送を実現します。

あったら便利だろうけど、アダプターを使って本体をスマホに直挿しできるので、優先度としては低め。直挿し用アダプタがLightningとUSB-Cのみなので、microUSBのスマホユーザーにとっては価値あるアクセサリーです。

コントローラーホイール

7600円

パン&チルトの正確な制御ができるダイヤルと、2つの操作ボタンを搭載し、撮影の構図をより自由に設定できます。

OsmoPocket単体で使う場合はあれば便利ですが、スマホと併用はできないため、これも優先度は低めかと。

延長ロッド/自撮り棒

未発売

伸縮自在で、ジンバル操作スティック、ハンドル上の操作ボタンおよび1/4インチ三脚取り付け穴を備えています。

あったらきっと便利なんだろうけど、汎用性がないところが悩ましいところ。

スマートフォンアダプター

本体に同梱

スマートフォンアダプタ(Lightning、USB-C)を使用すると、お使いのスマートフォンとOsmo Pocketを接続。DJI Mimoアプリを使用して、より快適に操作できます。

LightningとUSB-Cのアダプターが本体に同梱されています。iPhoneユーザーもAndroidスマホユーザーも安心してOsmoPocketを使えますが、お使いのスマホがmicroUSBの方は直挿しできるアダプターがないため気をつけましょう。

Sponsored Link


NDフィルターセット

未発売

センサーに入る光量を低減し、様々な照明条件下でカメラ設定を制御できます。

未知数。

3.5mmアダプター

未発売

専用の外部マイクを取り付け、さまざまな場所で音質を最大限に改善します。

OsmoPocket本体にもマイクは2つあって、性能も悪くないらしいです。それよりもっと高音質で撮りたい人向け。

防水ケース

未発売

Osmo Pocketを防水ケースに入れると、水深60 mまでスムーズな映像撮影が可能に。潜ってクローズアップ撮影したり、低照度環境下でもクリアな映像を撮影したりできます。

海の中もなんのその。

カバー

本体に同梱

Osmo Pocketをしっかりと保護し、外出先や移動中でも安全に保管できます。

充電ケース購入後は出番なしか。

アクセサリーマウント

2500円

幅広いスポーツカメラ用アクセサリーに対応し、Osmo Pocketをスポーツシーンやアクションシーンに使用できます。

僕は使う機会がなさそう。

クイックリリースベース

未発売

ツイストロック式デザインを採用し、アクセサリーマウントに取り付けます。工業用接着テープで、ヘルメットやボード、その他の平らな面にしっかりと固定できます。

これ、平らな面にも固定できるってことは、例えば車のダッシュボードに固定してOsmoPocketをドライブレコーダー代わりに利用することも可能では?と思ったりもしたんですが。。。バッテリーのことを考えたらあんまり実用的じゃないか^^;

OsmoPocket用アプリMimoについて

あわせて読みたい
【Osmo Pocket×Mimoアプリの使い方】編集もSNSもインポートも簡単です。名前の通りポケットに入るサイズの超小型ジンバル・Osmo Pocketを最大限に活用するにはDJI Mimo/マイモーメントアプリは必須...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です