おすすめキャッシュレス決済

PayPay&まとめて支払いで全クレジットカード還元率4%の衝撃。

はる
はる
ソフトバンクとワイモバイルがPayPayのまとめて支払いに対応しました!

※過去の栄華を記録するため、タイトルは記事更新当時の4%表記を継続しています。

※ポイント付与率は下がり続ける一方です。

※2019年10月1日からPayPayの還元率が3%から1.5%に下がります。まとめて支払いの最大還元率は4%▶︎2.5%(PayPay決済1.5%+クレジットカード1%)になります。

※2020年2月1日からヤフーカードによるPayPay決済・残高チャージに対するTポイント1%付与が廃止されました。2.5%を維持できるのはソフトバンク・ワイモバイルユーザーがまとめて支払いを利用した時のみです。

※2020年4月1日からPayPay残高またはYahooカードで支払った場合の基本付与率が最大0.5%に引き下げられます。ただし前月に100円以上の決済回数が50回以上あった場合は付与率1%に、前月の決済金額が10万円以上だった場合は最大1.5%になります。決済回数・金額にはよりますが、まとめて支払いと合わせるとギリギリ最大2.5%を維持できた格好です。

ソフトバンクワイモバイルユーザーは、PayPayにチャージした金額を毎月のスマホ利用料とまとめて支払うことができるようになりました。

これ、ソフバンワイモバユーザーで、且つクレジットカード支払いの人にとっては見逃せないニュースなんです。

PayPayを使うにあたり、まず“まとめて支払い”PayPayチャージします。

そのPayPay残高(正式にはPayPayマネーライト)で決済すれば3%分のPayPayボーナス(還元率3%)が付与されます。

次に、僕はスマホ料金を楽天ブランドのクレジットカードで支払っています。

スマホ料金支払い時に1%分の楽天スーパーポイントが付与されます。

計4%の還元率

これ、衝撃。

なぜならば、これまでPayPayで4%還元を実現するには“ヤフーカードからチャージする”という方法しかありませんでした。

それがソフバン・ワイモバユーザーであれば“全てのクレジットカード”4%還元が可能になります。

さらに青バッジが付与されていないPayPayアカウントだと過去30日のクレジットカード利用上限は5万円ですが、それ以上の上限金額にできる可能性もあります。

ちなみにPayPayでヤフーカード以外のクレジットカードを紐付けて決済した時のポイント還元率は0.5%です。

ドコモauその他格安SIMユーザーにとってヤフーカードからのチャージが最もお得という状況は変わりません。

あなたがもしソフトバンクワイモバイルユーザーで、なおかつ損したくないのであれば、いますぐまとめて支払いでチャージされることをおすすめします!

→PayPayをダウンロードする(iPhoneの人はこちら)

→PayPayをダウンロードする(Androidスマホの人はこちら)

はる
はる
キャッシュレスで損したくない人は必見です!
1 2 3

POSTED COMMENT

  1. […] PayPay&まとめて支払いで全クレジットカード還元率4%の衝撃。 ※過去の栄華… […]

  2. […] PayPay&まとめて支払いで全クレジットカード還元率4%の衝撃。 ※過去の栄華を記録するため、タイトルは記事更新当時の4%表記を継続しています。 ※ポイント付与率は下がり続ける一方で […]

スマホ料金比較|ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイル・格安SIM一覧|福岡のタレント・ハル公式サイト へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください