スマホ・ケータイの話

iCloudストレージを家族で”ファミリー共有設定”し忘れたせいで損した話。

スポンサードリンク

iCloudを使いこなせてますか?

↑と聞いておいてなんですが、僕もiCloudの全てを使いこなせているかと聞かれたら、答えはNOです。

むずかしいし、
ややこしいし、
よくわからない(笑)

とはいえ、おそらく人よりは使えているほうだと思います。

撮った写真や動画はiPadやMacBookでも何もしないで見られるし、購入した音楽やiTunesにある音楽も全ての端末で聴くことができるし、もしiPhoneをなくしたとしてもクラウド上にデータをアップロードしているのでいつでもデータを復活させることができます。

iCloudはAppleIDさえ作れば誰でも使えるクラウドストレージです。

5GBのiCloudストレージを無料で使うことができます。

iCloudはめちゃくちゃ便利です。

でも、5GBのままではiCloudの便利さを感じることはできません。iPhoneユーザーなら有料プランにアップグレードされることを心からオススメします。

iCloudストレージ容量&月額利用料

有料プランは3タイプ

IMG_3628

50GB→130円/月
200GB→400円/月
2TB→1300円/月

どのプランにすればいいのか悩むと思いますが、使っているiPhoneの容量で判断する手もあります。

例えばiPhoneの容量が16GBか32GBの人なら50GBのプラン。

iPhoneが64GBか128GBの人なら200GBのプラン。

それ以上なら2TB、みたいな。

プランは自由に変更できます。

アップグレード、ダウングレード、どちらもできます。

プランをダウングレードする場合は、クラウド上に保存しきれないデータが生じる可能性があるので注意が必要です。※例えば200GB目一杯使ってる人が50GBにダウングレードする場合、150GBのデータが行き場を失ってしまいます。それでもダウングレードする場合、クラウド上のデータを他のストレージに移しておく必要があります。

上のプラン表で注目して欲しいのが、200GBと2TBのところにある『家族と共有できます』というメッセージ。

アップル製品ユーザーが複数人いる家族であれば、文字通りiCloudストレージを共有することができます。

この機能、利用してますか?

僕はこの機能を中途半端に使ってしまっていたせいで、この12か月で4800円を無駄に払ってしまっていました(ToT)

妻は200GBプランを利用中

デジタルに疎い妻ですが、僕の影響をもろに受け、現在iPhone、iPad、Macbookの3台持ち。僕に言われるまま素直にiCloud有料プランを利用中。

IMG_3636

僕は2TBを利用中

僕は娘が成人するまで写真や動画を撮りまくるでしょうから、先を見越して最大容量2TBプランを利用中。

1300円は安くないですが、今後容量不足に悩まされることはありません。ストレスフリー。

IMG_3637

勘のいい人ならこの時点でお気づきになったかと思いますが、答えはのちほど。。。

iCloudストレージの領収書が2通

上の2枚の領収書画像ですが、どちらも僕のアドレスに毎月送られてきます。

なぜならどちらも僕が支払っているからです。

この状況を12か月も続けてしまっていました。

放置してしまっていました。

盲点でした。

油断してました。

iCloudストレージの領収書が2通届くことの問題点の答え合わせです↓

ファミリー共有はしてるけどストレージ共有できてなかった

ファミリー共有の設定ができていたからこそ、妻のiCloudストレージの領収書が僕に届いていたんです。

ちなみにファミリー共有をすると、家族がアプリや音楽、映画、本などを購入した時の料金は管理者が払うことになります。※逆に家族が買おうとしたときに、ストップをかけることもできます。

ファミリー共有しておくと、購入した音楽やアプリなどを共有することもできます。

改めて、本当に便利な機能です。

その辺のファミリー共有設定はちゃんとできていたんです。

だけどiCloudストレージの共有設定だけができてなかったんです。

なぜなら、その設定は妻のiPhoneで行う必要があったからです。

蒙恬。

じゃない、盲点。

Sponsored Link



 

まずは管理者(僕)がファミリーメンバーを追加

設定→アカウント(Apple ID)→ファミリー共有

IMG_3635

ファミリーメンバーは1世帯で6人まで。

例えば4人家族がそれぞれ200GBプランに入っていたとすると400円×4人で毎月1600円支払うことになります。

1600円払っても使える合計ストレージ容量は800GBです。

だったら1300円の2TBを4人で分け合えたほうがお得なのは言わずもがな。

妻のiPhoneでストレージ共有設定

設定→アカウント(Apple ID)→iCloud→ストレージを管理

↓のポップアップが出てきたら【共有プランを使用】をタップ

IMG_3634 2

iCloudストレージのファミリー共有が無事に完了

管理者アカウントに【ファミリー使用量】出現

IMG_3645

これでiCloudストレージのファミリー共有設定が無事に完了しました。

iCloudストレージ容量2TBに対し、まだまだ余裕のトータル350GB。

毎月支払っていた400円の流出がストップ。

iPhoneを買う時にストレージ容量が少ない方を選べる

iCloudのストレージ容量を上げておくと、iPhone購入時に容量が少ない方を選べるというメリットもあります。

例えば、

iCloud有料プランを使わずにiPhoneX(256GB)を買う

or

iCloud200GBプランにしてiPhoneX(64GB)を買う

というニアイコールな選択肢。

2年間利用で計算すると、後者のほうが安く済んじゃいますねー。

高い買い物になりますから、買う前にちゃんと計算してみることも大切です。

アップルストアの価格を載せておきます。

iPhoneX

スクリーンショット 2018-01-29 10.33.16

iPhone8

スクリーンショット 2018-01-29 10.34.40

iPhone8Plus

スクリーンショット 2018-01-29 10.43.00

iPhone7

スクリーンショット 2018-01-29 10.44.01

iPhone7Plus

スクリーンショット 2018-01-29 10.44.52

iPhone6S

スクリーンショット 2018-01-29 10.45.32

iPhone6S Plus

スクリーンショット 2018-01-29 10.46.20

iPhoneSE

スクリーンショット 2018-01-29 10.47.30

iCloudやファミリー共有と聞くと手間がかかるイメージが付きまといますが、使ってみれば本当に便利な機能です。

外部ストレージを持ち歩かなくてよくなりましたし、本体の保存容量を気にすることもなくなります。

まだまだ手を出せていないという方は、ぜひチャレンジして見てくださいね♪

あ、ストレージを共有しても、データが覗き見られるようなことはないのでご安心を^^

スポンサードリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です