イタリア・海外旅行話

【イタリア旅行】ベネチア観光/ゴンドラ/サン・マルコ寺院&広場散策!

今日は1日ヴェネツィア観光です!ヴェネツィアの入口まではバスで行き、駐車場から中心地まではおそらくツアーがチャーターしたであろう船で移動しました。ヴェネチアでの移動は水上バス(ヴァポレット)の利用がスタンダードです。今回はジュデッカ運河を進み、スキアヴォーニ河岸から水の都・ヴェネチアに上陸します!

ジュデッカ運河からの景色

しかし快晴ですね。毎日いい天気でありがたい。気温はこのあと40度まで上がりました(>_<)ジュデッカ運河をスキアヴォーニ河岸に向かって進む船上からは、遠巻きながら数々の教会を見ることができます。

レデントーレ教会

ズィテッレ教会

サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会

鐘楼

あの鐘楼のふもとが世界で一番美しい広場と言われているサン・マルコ広場です。

ヴェネチア上陸

後ろに見える教会はサン・ジョルジョ・マッジョーレ教会です。ヴェネチア観光、スタート。

サン・マルコ寺院(大聖堂)

ヴェネチア中心部のサン・マルコ広場に位置するサン・マルコ寺院。ビサンチン建築の歴史的建築物。東洋的な丸屋根を持ち、聖堂内は金箔モザイクで埋め尽くされています。正面デザインは5連アーチ構成。各半円蓋にはモザイク画。

サン・マルコ寺院 (Basilica di San Marco)
福音記者マルコにささげられた、イタリアのヴェネト州の州都ヴェネツィアで最も有名な大聖堂である。ビザンティン建築を代表する記念建築物であるとされるが、その当時、コンスタンティノポリスで500年以上も前に流行した形式を採用している。サン・マルコ広場 (Piazza San Marco) に面して建ち、ドージェ(総督)の館であるドゥカーレ宮殿 (Palazzo Ducale) に隣接し繋がっている。建物内は、黄金に煌く壁や天井と、祭壇には2,000個もの眩い宝石が埋め込まれた黄金の衝立がある。

Wikipediaより

見どころはモザイク画

上のモザイク画は『行列で大聖堂内へ運ばれる聖マルコの棺』(13世紀)

よーく見ると、これ、金箔モザイク画で描かれているんです。ヴェネチアは湿度が高いところなので、傷みや劣化を避けられるようにモザイク技法が使われてるんだとか。大聖堂内は撮影NGだったのですが、屋根は全体が金箔モザイク画、床も石を使った本当に細かな模様となっていて、ただただ金色吐息。

ちぎり絵を、この大きな大聖堂内全てに施したと言えばその凄さが伝わるでしょうか。

ファサードは色大理石と彫刻で豪華に飾り付けられています。

鐘楼

9世紀にローマ帝国時代の建物を土台に建築。長い歴史の中で崩壊と再建の過去があります。

鐘楼
高さは98.6mあり、サン・マルコ寺院の前の角に単独で建っている。下半分はシンプルなレンガ造りになっており、その上部にアーチ型の鐘架があり中に5つの鐘がある。鐘架の上にはヴェネツィアを象徴する歩行中のライオンと女性の形が象ってあるレンガ造りの壁があり、さらのその上にピラミッド型の尖塔が乗っている。この尖塔の頂上にある金色の像は大天使ガブリエルを模したものである。鐘楼は1514年に現在の形で完成しているが、1902年に崩壊したため現在サン・マルコ広場に建っているのは1912年に再建されたものである。

ちなみに上まではエレベーターで登れるそうです。次来た時は登ってみたいなぁ。

サン・マルコ小広場

聖マルコを象徴する金獅子と、ヴェネチア最初の守護聖人・聖テオドール。中世にはこの柱の間に死刑執行台が設置されていたため、ヴェネチアの人は柱の間を通らないんだとか。

ドゥカーレ宮殿

歴代のドージェ(総督)の住居で、政治、司法の中枢だった建物です。

ドゥカーレ宮殿(ドゥカーレきゅうでん)
ヴェネツィア共和国の総督邸兼政庁であった建造物。8世紀に創建され、14世紀(1309年)-16世紀にかけて現在の形に改修された。サン・マルコ広場に面して建造され、運河を隔てて対岸の牢獄跡と、ため息橋で結ばれている。外観はゴシック風のアーチが連続し、イスラム建築の影響も見られる細やかな装飾が施されている。

現在内部は、ヴェネツィア市民美術館財団(MUVE)の運営する美術館の一つとして公開されている。

ベネチア・ゴンドラ遊覧

他のツアー参加者の方が撮ってくれました!ベネチアのゴンドラは自分達だけで乗る場合は料金が高めなんだとか。他の旅行者と乗り合いで乗る場合は少し安くなるようです。今回は新婚旅行オプションでオンリー乗船。安く乗ることを優先する場合は乗り合いのゴンドラセレナーデを利用しましょう。一応公定料金はあるようです。

  • ゴンドラ乗船(昼間):80ユーロ/40分(以降20分ごとに40ユーロずつ加算)
  • ゴンドラ乗船(夜間):100ユーロ/40分(以降20分ごとに50ユーロずつ加算)

がしかし、ちょっと高く言われたり、時間が短くなったりと言うこともあるんだとか。交渉できればいいですが、できない場合は運ですね^^;

水面がかなり近く、大海原を行く感じがあります。水路のニオイが気になるというウワサも聞いていましたがあまり感じませんでした。

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂

ゴンドラから見られます。

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂 (イタリア語:Basilica di Santa Maria della Salute、和名:救済の聖母マリア聖堂)は、一般にサルーテと縮めて呼ばれる、ヴェネツィアにあるカトリック教会のバシリカ。カナル・グランデとヴェネツィアの潟の一つバチノ・ディ・サン・マルコの間に横たわる、狭い指状の土地の上に建つ。水上からサン・マルコ広場へ上がる玄関口の目印となっている。マイナー・バシリカの地位であるが、美しい外観と顕著な履歴を持ち、イタリアで最も写真におさめられる場所となっている。

Wikipediaより

ゴンドラではずーっとカメラを回していたんですが、なぜかその動画データが見当たらず。。。間違って消してしまったんでしょうか(涙)40分のゴンドラ遊覧で、大きな水路、街中の細い水路、いろんな景色を見ることができます。ベネチアの人たちが水とうまく付き合っている様も感じることができます。陸を行く人たちが笑顔で手を振ってくれたりして心温まりました。

Sponsored Link



 

ベネチア散歩

ONE PIECEをお読みの方はウォーターセブンを思い出してください。ベネチアの景色はまさにそんな感じです。どこにカメラを向けても絵になります。いい雰囲気の路地ばかりです。

ツアコンおすすめのジェラート屋さん

ラ ブティック デル ジェラート

地元でも人気のお店のようで、列ができてました。陽気な店員さんで気持ちも明るくなります。値段を忘れてしまってすみません^^;

Grazie!

サン・マルコ寺院からの距離感。マップで見ると迷路ですね(笑)

ベネチアの夕暮れ

昼間は40度近くあった気温も、随分下がってきました。夕暮れ時のベネチアもまた絵になりすぎます。

イタリアの旅も残すところあと1日。。。帰りたくないです^^

ベネチアダイジェスト

説明テロップ入り

イタリア旅行まとめ

あわせて読みたい
【イタリア旅行】新婚旅行で人生初海外!6泊8日で9都市を巡ります!これまで天神の西通りと国体道路さえあれば生きていけると思っていた僕が、人生初の海外旅行に行ってきます。僕ひとりだったら海外に行くことはな...
あわせて読みたい
【イタリア旅行】カプリ島観光で青の洞窟へ!天気は?波は?入れるのか!?ローマの空港に到着したところでせっかくなのでカフェスタンドで。しかしイタリア語なんて微塵も話せない僕。 「カップチーノ、ワン、ワン...
あわせて読みたい
【イタリア旅行】バチカン/ヴァチカン美術館の見どころまとめ!イタリア2日目の旅は世界最小の独立国・ヴァチカンからスタート!ヴァチカン美術館は作品の大きさ、数、ジャンルの全てが規格外!圧倒的な光景を...
あわせて読みたい
【イタリア・ローマ観光】コロッセオの歴史を感じる/画像まとめ。イタリア旅行2日目はローマ観光。バチカン/ヴァチカン美術館に続いてやってきたのはフォロ・ロマーノ。古代ローマの政治、宗教、商取引の中心地...
あわせて読みたい
【イタリア・ローマ観光】トレビの泉のコインの投げ方&おまじないの意味とは?コロッセオを後にし、続いてやってきたのはヴェネツィア広場周辺。ローマのへそと言われていて、ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂とかマルク...
あわせて読みたい
イタリア・ポンタッシエーベのスーパーは生ハムもワインもチーズも激安!ローマをあとにし、バスで北に向かうこと3時間。ポンタッシエーベという田舎町がありまして今日明日はここに宿泊。こういうパッケージツアーだと...
あわせて読みたい
【イタリア旅行】ピサの斜塔観光!角度が急!ドゥオモ広場まとめ。今日はピサ&フィレンツェ観光です。滞在先のポンタッシエーベからフィレンツェを通過してピサへ移動。あれ?よくよく考えたら宿泊地ってフィレン...
あわせて読みたい
【イタリア旅行】フィレンツェの観光名所・ドゥオモ&美術館散策へ!午前中のピサ観光のあとはフィレンツェに移動。フィレンツェは花の都とも言われていて、市街中心部はフィレンツェ歴史地区として世界遺産にも登録...
あわせて読みたい
【イタリア・ヴェローナ観光】ジュリエットの家・アレーナ・お土産がかわいい!いよいよイタリア旅行も観光最終日。ヴェネツィアを出発し、今日のメインであるミラノに行く途中にあるのがヴェローナ。弾丸ツアーゆえ時間がなく...
あわせて読みたい
【イタリア・ミラノ】最後の晩餐が眠るサンタマリアデッレグラツィエ教会へ!ツアー最終地点、ミラノに到着。今回のミラノにおける目玉は何と言ってもドゥオモを見ることと、レオナルド・ダ・ヴィンチの傑作『最後の晩餐』を...
あわせて読みたい
【イタリア旅行】ミラノ観光・ガレリア・牡牛のおまじない・スカラ座めぐり!サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会でダ・ヴィンチの名画『最後の晩餐』を鑑賞後、続いてやってきたのはミラノの観光名所・ドゥオモ。それに...
あわせて読みたい
【イタリア旅行】ミラノ観光・ドゥオモへ!ステンドグラスもおすすめです。いよいよイタリア旅行ブログも最後の記事となりました。ミラノ入りしてからサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会でダ・ヴィンチの最後の晩餐を...

POSTED COMMENT

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です