旅行|イタリア・海外・国内旅行

ミラノ観光|建築・最後の晩餐・ガレリアのおまじないと夜ドゥオモも!

ダヴィンチの『最後の晩餐』が眠る教会

サンタ マリア デッレ グラツィエ教会

サンタマリアデッレグラツィエ教会

1296年、アルノルフォ・デ・カンピオの設計により大聖堂を取り壊して着工し、ジョット、フランチェスコ・タランティらが造営主任をつとめる。

以降、ミラノ公フランチェスコ・スフォルツァがドミニコ修道院と教会の建設を指示し、建築家ソラーリによって長い年月をかけ1469年に完成した。

教会のアプスは1492年以降、ドナト・ブラマンテにより改築されたものとされる。(明白な証拠はない、という指摘もある)

当時ブラマンテはミラノに居住しており、教会の歴史書のなかにも一度登場している。

レオナルドと8歳年上のブラマンテは同時期にミラノに滞在していた。

レオナルドの手記にも理想の教会堂のスケッチが残されており、両者の交流があったことが考えられる。

教会は第二次世界大戦中に連合軍の空襲を受け大きな被害を受けた。

『最後の晩餐』の前には土嚢が積み上げてあったため、かろうじて被害を免れたという。

Wikipediaより

世界遺産に登録

場所

→GoogleMap/サンタマリアデッレグラツィエ教会

予約制

『最後の晩餐』の見学は予約制で、絵がある部屋には25人ずつしか入れず、しかも15分しかいられません。

世界中の人が見たいと思っているので自分が行くタイミングで予約できるかは“運”

ツアー申し込みの時に“予約が取れない可能性アリ”と言われていましたが見られてラッキーでした。

『最後の晩餐』は食堂に

ここでダ・ヴィンチ最後の晩餐』を見ることができます。

教会内の食堂に描かれた壁画ダ・ヴィンチ43歳(1495年)の時に制作に着手し、3年をかけて完成させたもの。

第二次世界大戦の激しい爆撃を免れ、およそ500年も前に描かれたものが目の前にある不思議。

ダ・ヴィンチが立っていたであろう場所に自分が立ち、絵を俯瞰する。

神秘的なひとときでした。

最後の晩餐はキリストが弟子の裏切りを予言した直後の瞬間を描いたもの。

そこを切り取るセンスと描き上げる技術が流石です。

『最後の晩餐』について

教会に入る時の服装について

はる
はる
素敵な街並の中でまさかのタンクトップ(笑)

あまりに暑かったので薄着移動。

教会に入る時用のシャツはちゃんと持っていきましたよ。

教会などに入る場合は女性は肩を出さないことスカートホットパンツを避ければ大丈夫だと思います。

聖なる場所に入らせていただくわけなのでカジュアルすぎたり、肌の露出が多い格好は避けたコーディネイトで出かけましょう。

はる
はる
羽織り用のシャツやストール持参で!

高級ブランド街・モンテナポレオーネ通り

流行最先端のハイブランドストリート

ミラノ中央駅から地下鉄に乗って3駅先にあるモンテナポレオーネ通り

写真中央の奥に伸びていく道がモンテナポレオーネ通りです。

ドゥオモからは歩いても行ける距離です。

日本でいうと『銀座』

この一帯には名だたるブランド店が並びます。

ないブランドはないくらいです。

それぞれの店の入口には“いかついセキュリティ”がいて、ドアを開けてくれることもあれば、TPOにそぐわない格好をしていたり店にふさわしくない客だと判断されてしまった時には店に入れてもらえないことも。

街行くミラネーゼたちはめちゃくちゃオシャレだし、絵になりすぎる老夫婦もたくさん見かけたし、超高級車がバンバン通るし、格式高すぎるオーラが出まくりで常に恐縮してしまうような界隈でした(笑)

バイオリン奏者たちのストリートライブ

{2C3B867F-CC77-43E4-8B7D-2171CF1EB477:01}

ROLEX専門店

{4AD7198E-B706-403D-A7DD-1414A84AADCE:01}
はる
はる
ご縁あって高級時計店見学。
{0815C5AE-28AC-4DF7-B2C4-690521BD0B6A:01}
はる
はる
1本ウン百万円也。眼福。眺めるだけでもいい”気”がもらえそう。

高級時計専門店・PISA

{E4188BA2-BE2B-47E7-B9F9-6E22E3859A4A:01}

名だたる高級時計のほとんどを扱う高級腕時計の老舗『PISA』

今回、店に入るご縁はありましたが、残念ながら買うご縁はなかったのでまたいつか。。。

GoogleMap

→モンテナポレオーネ通り

モノは最新・価格は相応

この場所では、友人・知人に頼まれてたものをお買いもの。

イブサンローランステラマッカートニーなどで無事に商品をゲットすることができました。

あらかじめ送っておいてもらった希望商品の写真を店のスタッフに見せた時に「それはオールドシーズンだ」と言われることが多かったです。

『前のシーズンのものだからもうない』と言うんです。

さすがファッション最先端の街。

ミラノにあるショップの商品価格は相応です。

そのかわりモノは揃ってます。

日本未入荷のものを見つけることができるかもしれません。

お得なショッピングを楽しみたければフィレンツェのアウトレット最先端のものをゲットしたいのであればミラノという感じでしょうか。

1 2 3 4 5

POSTED COMMENT

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください